クリストファー・ノーラン作品への思いを語った坂上忍

 映画『ダンケルク』IMAX完成披露イベントが10日、東京都内で行われ、俳優の坂上忍ほかが登壇した。

 本作は、『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督が実話の映画化に初めて挑んだ話題作。第2次世界大戦中、仏ダンケルクの海岸で独軍に包囲された英仏軍の兵士約40万人を脱出させるべく実行された救出作戦を描く。

 本作を鑑賞した坂上は「正直、死ぬほど疲れました。それぐらいパワフルな“ノーラン節”全開といった映画。ここまで圧(あつ)がすごい映画は久しぶり。僕は相当、ほれました」と大絶賛。

 「この監督さん、いい意味で普通じゃない。自分のやりたいことをやって興行的にも当てるというのはすごい才能」と舌を巻いた。

 また、戦場を生き抜く話に掛けて「芸能界で生き抜く秘訣(ひけつ)」を尋ねられた坂上。「例えば、僕が今バラエティーに出させてもらっている中で、お芝居やっていた時と全然違う、と思われる方はたくさんいる。でも、僕のことを昔から知っている友達や先輩方には『おまえは結局、何をやっても全然変わらないな』と言われる」と明かした。

 続けて「年を取れば、変わっていかなければならないのは当たり前。でも生き抜くために、無理やり自分を変える必要はないのかなと思う」と述べた。

 最後に、史上最大の救出劇を描いた本作にちなみ「ピンチの切り抜け方」についても聞かれた坂上は「今回の『ダンケルク』で言うと戦争映画ですから機関銃のシーンがありますが、今、僕らの業界では“文春砲”というとんでもない大砲がありまして…」とユーモアを交えてコメント。

 自身が司会を務めるフジテレビ系「バイキング」で共演している宮迫博之に不倫疑惑が持ち上がっているが、坂上は「明日、どうしてくれよという感じ。もしも文春砲を食らったとしたら、切り抜ける方法は一つしかない。正直に謝る。これだけです。以上!」と締めくくった。

 映画は9月9日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます