韓国の“国民の妹”が来春日本デビュー決定

2011.11.16 17:4配信
来春、日本でのデビューが決まったIU 来春、日本でのデビューが決まったIU

韓国のソロ歌手・ティストのIU(アイユー)が来春、EMIミュージック・ジャパンより日本でデビューすることになった。本格的なデビューに先駆け、12月14日(水)に、プレ・デビューアルバム『I□U』をリリースする。

IUのプレ・デビューアルバムのジャケット写真

IUは、中学3年生だった2008年当時にミニ・アルバム『LOST&FOUND』で韓国でデビューした。圧倒的な歌唱力とキュートなビジュアルで人気を集め、キム・ヨナから「国民の妹」という称号を引き継ぎ、老若男女を問わず注目を浴びるアーティストだ。2010年12月に発売したアルバム『REAL』収録の楽曲『Good Day』は、音楽チャートで1位を5週連続で記録、トップ・ソロアーティストとして不動の地位を築いた。日本では、さいたまスーパーアリーナや東京ドーム、京セラドームで開催されたK-POPイベントでパフォーマンスを披露しているほか、ペ・ヨンジュンが特別出演したことでも話題となった韓国ドラマ『ドリームハイ』に出演、同作が日本の地上波で放送されたことで知名度が高まった。

IUは「ついに、日本デビューが決まりました。早く、日本でお会い出来るのを楽しみにしてます!」と喜びのコメント。『I□U』には、これまで韓国でリリースされたヒット曲『Good Day』『私だけ知らない』など全6曲がオリジナル・バージョンで収録される。さらに、韓国で近日発売予定のアルバムから新曲も収録されるほか、ミュージック・ビデオやIUのインタビューなどが収録されたDVD付で、入門に最適なベストアルバムといえる内容となっている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング