ソフトバンクモバイル、9月21日からLTEサービス「SoftBank 4G LTE」開始

2012.9.15 14:55配信
「SoftBank 4G LTE」のロゴ

ソフトバンクモバイルは、下り最大75Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」を、LTEに対応するアップル製スマートフォン「iPhone 5」の発売日の9月21日に開始する。あわせて「SoftBank 4G LTE」向けの新しい料金プランを提供する。

「SoftBank 4G LTE」は、FDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)方式の高速データ通信サービス。2.1GHz帯を使用し、一部エリアは下り最大75Mbps、その他のエリアは下り最大37.5Mbpsの速度で通信できる。サービスエリアについては、2012年度末に政令指定都市100%カバーを目指す。

「SoftBank 4G LTE」向け新料金プランは、1時から21時までのソフトバンク携帯電話同士の音声通話が無料で、ソフトバンク携帯電話同士のSMS送信料・MMS送受信料も無料になる月額980円の「ホワイトプラン」、月額1960円の「標準プラン」、それらがすべて有料となる月額780円の「タイプX にねん」、月額1560円の「タイプX」の4種類。「ホワイトプラン」と「タイプX にねん」の契約期間は2年で、更新月以外の解約には契約解除料がかかる。

これらの基本使用料に加え、月額315円のインターネット接続サービス「S!ベーシックパック」と、パケット定額サービスへの加入が必要。パケット定額サービスは、フラット型の「パケットし放題フラット for 4G LTE」が月額5985円、従量制の「パケットし放題 for 4G LTE」が月額2100~6510円。

新料金プランの導入に伴って、2012年11月1日に3Gサービス向けの「ホワイトプラン」を改定し、新たに「標準プラン」を提供する。従来の「ホワイトプラン」は10月31日で受付けを終了するが、現在のユーザーはそのまま継続できる。

→「iPhone 5」の価格・料金プラン・キャンペーン詳細はこちら。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング