【ヘルタースケルター】[検証]嫌われる沢尻エリカは、なぜ好かれるのか

沢尻エリカの5年ぶりの主演映画『ヘルタースケルター』が興行収入20億円を突破した。さらに、同年代の女子を中心に彼女の人気が高まっているという。“お騒がせ女優”との呼び声も高い中、なぜ今、彼女の人気が再燃したのか? その理由に迫る。

(C)2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会

あの「別に」騒動から5年。なんと、沢尻エリカの人気が同年代の女子を中心に高まっている。

彼女の5年ぶりの主演映画『ヘルタースケルター』が、公開45日で200館クラスの公開規模としては異例の150万人動員、興行収入20億円を突破。さらに8月24日に公開された台湾でもOLや学生が詰めかけて大ヒットしているというから驚きだ。一時は芸能界から追放されてしまうのではないのか? あるいは海外に移住してしまうのではないか? いずれにしてもメディアやクリエイターがお騒がせ女優にそっぽを向き、人気も低迷するかと思われていたが、さすがはエリカさま、
生命力がほかの人とは違ったようだ。

しかし、なぜここにきて彼女の人気が再燃したのだろう? ウレぴあ総研が調べたユーザーリサーチも参考にしながら、その人気再燃の秘密を検証していきたいと思う。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング