東京ディズニーランド「ディズニー夏祭り」2017年 撮影 / つるたま

2017年夏休みシーズンの東京ディズニーランド、東京ディズニーシーへ遊びに行く方、必見!

多くの人で賑わい、真夏の暑さのパークで、快適に過ごすための、3つのポイントを解説します。

1. 前売り券を購入する

まずは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのどちらにいくか、事前に決めて、前売り券を購入してしまいましょう。

朝イチから行くのであれば、入園タイミングが20〜30分違うと、ファストパスを1枚多く発券できたり、アトラクションに1つ多く乗れたり、という違いが出てくるためです。

状況によって、チケットブースに長い並び列ができるケースもあり、インターネットで購入できるeチケットや、ディズニーストア一部店舗での日付指定券の事前購入がセオリーです。

東京ディズニーシー「ディズニー・パイレーツ・サマー」2017年 撮影 / つるたま

2. プライオリティ・シーティングに申し込む

夏休み、お盆シーズンの東京ディズニーリゾートは、近年は入園制限がかかるようなケースは稀ですが、やはり、通常の土日よりは、賑わっている傾向が見られます。

そんな中、快適にすごすために重要なのが、食事です。

万が一、フードを購入するのに30分待ち、レストランに入るのに1時間待ち、といった状況だと、お腹が空いてイライラしてしまうこともあり、満足度は大きく低下します。

そこでおすすめなのが、テーブルサービスのレストランの事前受付プライオリティ・シーティングです。

満席でも諦めない!

今からの申し込みだと、パーク内レストランの大半は、満席です。

が、キャンセル待ちを高確率で拾えますので、諦めずに、何度もチェックしてください。

また、絶品ばかりの、ディズニーホテルのレストランも有力な選択肢。

東京ディズニーランドホテルは東京ディズニーランドのエントランスから1分、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは東京ディズニーシー内にあります。

ディズニーアンバサダーホテルも、パークから無料シャトルバスが出ていますので、楽チンで利用できます。

3. 日中は死んだふり

涼しくて快適に休める、東京ディズニーランドホテル「ドリーマーズ・ラウンジ」

2017年のお盆は、梅雨が戻ってきたかのような天候不順で、あまり厳しい暑さは感じません。

が、ひとたび晴れれば、30度以上の高温は、まず間違いないシーズン。炎天下では、ただ立っているだけでも、ガッツリ体力を削られていきます。

そこでおすすめなのが、日中の「死んだふり」作戦。

気温が高い時間帯は、ガツガツ行かず、ファストパス発券を優先しながら、室内でゆっくりできるアトラクションに専念したり、涼しいレストランでゆっくり過ごしたりして、体力を温存。

涼しくなってくる、夕方から、アクティブに動き回りましょう。

こうすることで、朝イチから、夜まで、丸一日パークを満喫しやすくなります。

©Disney

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます