アラフォー・アラフィフの男性とお付き合いする人は増えてきています。実際、魅力的な人がゴロゴロ!

しかし、中には「バツイチ子持ち」という方もお見かけしますよね。筆者もそういう方との交際経験がありますが、なかなか悩むことが多いのも事実です。

その頃の経験と、キャバ嬢時代に出会ったバツイチ子持ち男性の意見を元に、彼らと付き合うメリット・デメリットをまとめてみました。

バツイチ子持ち男性と付き合うメリット

1. ずっと独身だった人では持ち合わせていない、器の大きさがある

いい意味でも、悪い意味でも、結婚生活は人として様々なことを学べる期間でもあります。

それを一度でも体験しているわけですから、「アラサー女子のワガママなんて、可愛いもの!」「予想の範疇を超えない」と捉える男性が多いです。

そのため、ありのままの自分を表現することができますし、肩肘張らずに自然体なお付き合いがしやすいと言えるでしょう。

2. 女性の「こうしてほしい」を読み取る力がすごい

「妻とこれでケンカになったよなー」などの経験値があるため、様々なシチュエーションで先回りすることができます。

外でデートしている時はそこまで感じないかもしれませんが、お互いの部屋を行き来するようになったりすると、顕著に彼らの“先回り力”を感じることができるのではないでしょうか。

小さなことでも「こうしてほしかったのに……」という不満が溜まるのは、ストレスになります。彼らはそれも分かった上で、きちんと対応してくれるのです。

3. 女性の気分をよくする、復活させる魔法をもっている

結婚期間中にケンカをしてしまうと、逃げ場がありません。一緒に住んでいる以上、嫌でも顔を合わせる必要が出てきます。仕事で疲れて帰ってきたら、家の中がピリピリした重たい空気だったとしたら……。想像するだけでも恐ろしいですね。

だからこそ、なるべく早くこの空気をどうにかしたいと考えて、彼らはこれまで様々なテクニックを駆使し、磨かれてきています。そして、1つは女性の気分をよくする、復活させる魔法を取得している可能性が高いのです。

4. 無理難題は言わない

「俺も忙しいけど、時間作ってるんだから作れよ」とか、「(テレビを見ながら)もし子どもができたらさぁ〜」と結婚を匂わすようなことは、彼らはしませんし、言ってきません。

なぜなら、一回失敗していますから。

交際に夢見がちになることはありません。常に現実的に捉えていますから、あなたにも無理難題を要求したりはしてこないです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます