新たな日本映画のあり方を模索する『蜃気楼』製作報告イベントが開催

2012.9.19 14:39配信
『蜃気楼』製作報告イベントの模様

国内外の映画祭に招待され、次代を担う若手監督と注目されている竹馬靖具(ちくまやすとも)監督の長編第2作『蜃気楼』の製作発表イベントが18日に都内で行われ、竹馬監督とメディアライターの佐々木俊尚がトークゲストで登壇した。

今回のイベントは、一般客でもTwitterやブログ等の発信ツールを使って宣伝に協力できる場合は、入場料金が完全チップ制になるという大胆な試みがとられた。会場には「既存のシステムでは作ることのできなかった、これまでになく自由で、力強い作品を製作します」という製作側の意図に共感した若い世代の観客の姿が目立った。

佐々木は竹馬監督の前作『今、僕は』について、「カメラのブレ具合や画質のザラザラ加減などまるでラース・フォン・トリアーの映画のよう」と評価。「一転して『蜃気楼』はすごく静かで美しくて、一体どんな映画に仕上がるか楽しみ」と早くも新作への期待を口にした。また、今年の春に『当事者の時代』という著書を出版した佐々木らしく、トークは“映画における当事者性”をテーマに進められていくことに。「今の時代は観客であれ 作り手であれ当事者性を求められている。『今、僕は』は、自ら語られることのない地方のリアルが、上から目線ではなく描かれている。その没入感がすごいと思いました」という佐々木のコメントに、竹馬監督は「次回作は、『今、僕は』とは距離感が変わると思います。ただきれいなものではなく、生々しさを含めて美しい映画を撮りたい」と想いを語った。

また、『蜃気楼』を全世界からの寄付によって製作しているという斬新な手法にも言及。その経緯について竹馬監督は「売れる前提の物づくりは自分にはできないので(笑)」としながらも、「商業的な映画のように、ぼけっと観ていてもわかるようなものではなく、能動的に観ないと答えの出ない、今までの映画では観れないようなものを作りたい」と、製作の裏側にある強い意気込みを露わにした。それに対し佐々木は、「ネットの登場で、観客自身も物語の側に巻き込まれる時代になっている。映画の世界もいずれそうなるでしょうし、観る側も覚悟が必要な相互の関係が今後出てくる。プロダクションの仕組みが変わるはず。大きな潮流にはならないかもしれないけど、ひとつの作品を共有していく、そんな映画を撮ってください」と激励のコメントを寄せた。

『蜃気楼』は現在、7分の1程度の撮影が終了。今後もホームページや今回のようなイベントで、各方面からの寄付を募りながら、2013年末の完成を目指しているという。これまでにない新たな映画のムーブメントとなるか、作品の完成とともに、その行方に注目したい。

『蜃気楼』

取材・文・写真:渡部あきこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング