「さまざまなアポを取って、毎日、こまかくスケジュールを立てて、把握し、遂行する。」

「まわりの人と円滑なコミュニケーションを図るように努める。」

「日々起きる予期せぬトラブルもできるだけ速やかに解決する。」

「自分よりも誰かのために動くことが多い。」

これは仕事ではありません。
多くの「ママ」が、日々、当たり前にやっていること。

旦那さまや似たような境遇、価値観のママに悩みや思いを打ち明けることができる場合もあるかもしれませんが、誰にも相談できない悩みもまた、あるものかもしれません。

数年前から、ママ、働く女性、家族などをテーマとしたWebムービーが公開され、話題になってきました。

今回は元気をもらうことができる、そんなムービーをご紹介したいと思います。

働くママたちに、よりそうことを。サイボウズ「大丈夫」

働くママのキモチをテーマにしたムービーのアニメーション版。2014年に公開されると、賛否両論、Twitterやブログなどを中心にさまざまな議論が行われました。

仕事の内容や職場の環境、周囲の協力体制、子どもや自分、家族の性格や状況などによっても、色々と変わってくるでしょうし、自分の状況と比べて「あるある」または「ありえない」ということもあるでしょう。

それでも、子どもの体調が悪ければ、仕事を休んだり、途中でお迎えに行かなくてはいけないこと、仕事や家事、子ども、と自分とのはざまで揺れる気持ちを感じたことのあるママも多いのではないでしょうか。

さて、みなさんは「大丈夫?」ですか?

メリーズからのママへの応援ムービー『なんで?篇』

おむつやおしりふき、スキンケアなど、赤ちゃんとママの毎日に寄り添う花王メリーズからへの応援ムービーです。

赤ちゃんを授かると「なんで?」の連続です。「なんで泣いているんだろう」「なんでわかってあげられないんだろう」。その瞬間、そして、その時期は必死に悩み、時には自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

でも、きっと大丈夫。その「なんで」はどんどん形を変え、小さな歩みでも一歩一歩前に進んでいくのです。

私も息子が2,055gで生まれて3日間保育器に入った時「なんで小さく生んでしまったんだろう」「なんで私の隣には赤ちゃんがいないんだろう」とマイナスの「なんで?」から子育てがスタートしました。

その後も何度もそのような場面を経験し、そんな彼ももう10歳。これからも「なんで」は尽きないかもしれませんが、過去のそんな経験があるからこそ、いくつもの「なんで」を重ねるからこそ、きっと私たちはママになっていくのですね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます