若手俳優に囲まれた橘ケンチ

 オリジナルストーリー舞台「幽劇」の公開稽古および囲み取材が17日、東京都内の日本青年館ホールで行われ、出演者の橘ケンチ、味方良介、多和田秀弥、高橋健介、伊万里有、田中涼星、有澤樟太郎、三浦宏規、井阪郁巳、和泉宗兵、荒木宏文が出席した。

 本作は、幽霊の常識をくつがえす、とびきり明るくワルなゴーストギャングたちが、あの世とこの世で大暴れするするとともに、それぞれの“後悔”をテーマにした死を超えたつながりを描く。

 人気若手俳優に囲まれ2年ぶりに舞台出演する橘は「勢いのある方々と共演できて楽しい時間を過ごさせてもらっています。本番でもこのパワーを届けていきたい」と意気込みを語った。

 演じる幽霊のように「姿が見えなくなったらやりたいこと」を問われると、橘は「初日公演の10分前ぐらいに路上に出て、その辺を歩いている人を劇場に向かわせたい」と優等生コメント。

 これを皮切りに作品を盛り上げるべくさまざまなアイデアが出され、荒木は「そう考えると普段から霊体になってもやりたいことってないのかも」と語った。

 また、橘がキャスト一人一人に名前の刺しゅう入りのジャージーをプレゼントしたというエピソードが明かされると、高橋が「(ケンチさんの)回りが筋肉の人たちだからか、身長で調べていただいて作ってくださったジャージが全員だぼだぼ」と苦笑。橘も「僕の想定より皆だいぶ細かった」と笑わせた。

 稽古期間中は年下の俳優たちに食事をごちそうしまくり、かわいがっていたという橘は「普段のグループ活動でも年下のメンバーと接することが多いけど、役者專門にやっている方って感覚も違う。皆芝居が大好きでピュアな方ばかりで、刺激を受けて僕も勝手に二十歳ぐらいの気持ちになっていました」と充実感を語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます