レノボ、オールインワンPC「IdeaCentre B540p」のテレビソフト「SmartVision Light」搭載モデル

2012.9.20 12:50配信
IdeaCentre B540p

レノボ・ジャパンは、ディスプレイ一体型デスクトップPC「IdeaCentre B540p」に、NECのテレビソフトウェア「SmartVision Light」を搭載した「IdeaCentre B540p(33631GJ)」と「IdeaCentre B540p(33631LJ)」を、9月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は15万円台の見込み。

「IdeaCentre B540p」は、10本の指を認識するマルチタッチ対応のフレームレス23インチフルHD液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、720万画素のウェブカメラを搭載。マルチタッチ対応のゲームや、映像/音楽用のアプリケーションをあらかじめインストールしている。マルチタッチ使用時には、ディスプレイ上にバーチャルキーボードを表示して、直接スクリーン上で文字を入力できる。

きょう体背面には、HDDやメモリを簡単に増設できるスライド式のカバーを採用。インターフェースは、USB3.0×2、USB2.0×4、HDMI出力×1、HDMI入力×1、テレビアンテナ入力×1で、メモリースティック/メモリースティックPro/SDXC/SDHC/SD/MMC対応の6 in 1メディアカードリーダーを備える。

「33631GJ」と「33631LJ」に付属するテレビソフト「SmartVision Light」は、地上/BS/110°CSの受信に対応。外付けHDDへの録画もできる。最大10時間の長時間録画やキーワードを指定した番組の録画予約ができる「おまかせ録画」など、多彩な録画機能を備える。

「33631GJ」は、CPUにインテルCore i7-3770を採用し、8GBのメモリを搭載。「33631LJ」は、CPUにインテルCore i5-3330を採用し、4GBのメモリを搭載する。両モデルとも、1TBのHDD、書き込み対応のブルーレイディスク(BD)ドライブを搭載し、ワイヤレスキーボードとワイヤレス光学ホイールマウスが付属する。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット SP1。サイズは幅576×高さ408×奥行き110mmで、重さは約9.8kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング