「お忘れ物自動通知サービス」のイメージ

京王電鉄とMAMORIOは、7月14日から、落とし物防止タグ「MAMORIO」と専用アンテナ「MAMORIO Spot」を利用した「お忘れ物自動通知サービス」を、京王線と井の頭線内で開始した。

京王線・井の頭線の忘れ物取扱所(明大前駅)、京王線の新宿駅事務室(百貨店口)、京王線の新線新宿駅事務室(京王新線口)、井の頭線の渋谷駅事務室(中央口)に専用アンテナ「MAMORIO Spot」を設置。ユーザーが購入した「MAMORIO」を、バッグや財布などの所持品に貼り付け、スマートフォンに専用アプリ「MAMORIOアプリ」をインストールして登録しておくと、万が一、所持品を紛失しても、「MAMORIO Spot」設置場所に届けられると、専用アンテナが「MAMORIO」の電波を検知して自動的にスマホに通知する。

専用アンテナ「MAMORIO Spot」は、忘れ物取扱所に加え、忘れ物の取り扱い件数が多い新宿駅・渋谷駅の駅事務室内にも設置した。なお、あらかじめ「クラウドトラッキング」機能をONにする必要がある。

「MAMORIO」は、幅19.0×高さ35.5×奥行き3.4mmとコンパクトなBluetooth 4.0対応の落とし物防止タグ。専用アプリの対応機種は、Bluetooth Low Energy(BLE)に対応したiOS 9以降、Android 4.3以降を搭載スマートフォン・タブレット端末。税込価格は3780円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます