家にある使わないモノを、「ちょっとしたお小遣いになる!」と売れることで人気の『メルカリ』。アプリだけで使えるので、老若男女を問わず愛用している人も多いですよね。

現在ではもはや定番サービスになりつつある『メルカリ』ですが、「モノを売る」という単純に見えるやり取りのなかで、時折面白い出来事が起きているようです。

そこで今回は、『メルカリ』愛用者たちに聞いた「メルカリあるある」な出来事を5つご紹介します。初心者さんは必見ですよ!

メルカリあるある1:買った直後にもっと安く同じものが出た

メルカリは出品者が自由に価格を設定できるサービスだけに、同じアイテムでも出品者によって価格がまちまち。

そこが『メルカリ』の面白さでもあるのですが、「買ってから、同じものがもっと安く出た」というのは“あるある”のひとつみたいです。

「化粧品は消耗品と考える私は、欲しいものはまずメルカリでチェック。何人か出していれば、やっぱりそのなかでも一番安いものに目がいきます。

けれど、結構あるんですよね、吟味して買って満足していたら、その直後にもっと安価な商品が現れるという……」(20代女性)

昔流行った“マーフィーの法則”みたいなやつでしょうか。

メルカリあるある2:画像の一部が参考商品だった

『メルカリ』で販売するなら写真が命!なんて話も聞くだけに、出品者はそれぞれに工夫した画像で購入意欲を誘おうとしているようです。

そして、素敵な写真を撮るために画像に“参考商品”を一緒に入れて撮影している人もいるようで。

「この前、子ども服を買ったんですけど、Tシャツとパンツのセットかと思って買ったら、出品されていたのはTシャツだけでした(笑)。

届いてから気づいたんですが、出品ページにはちゃんと書いてあったので、苦笑いでした」(30代女性)

素敵な写真にすべく小道具が使われていることは、初心者ほど気づきにくい盲点かもしれませんね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます