ソニー、フラットデザインのUSB接続ポータブルバッテリ「CP-F1L」「CP-F2L」

2012.9.24 21:21配信
「CP-F1L」(左)と「CP-F2L」

ソニーは、スマートフォンやタブレット端末などが充電できるUSB接続のポータブルバッテリ「CP-F1L」と、その倍の容量をもつ「CP-F2L」を、11月14日に発売する。また、スティックタイプのポータブルバッテリ「CP-ELSVP」に新色を追加する。

ともに、スマートフォンやタブレット端末と一緒に持ち運ぶときに便利なフラットなデザインを採用。内蔵バッテリは、約500回の繰り返し使用に対応する。充電にはACアダプタを使い、コンセントのない環境ではPCとUSB接続して充電できる。

「CP-F1L」は、容量3500mAhのリチウムポリマー電池を搭載。USB出力値は最大1.5Aで、スマートフォンの高速充電に対応する。「Xperia acro HD」なら、約1.5回分充電でき、約130分で満充電になる。

内蔵バッテリの充電時間は、ACアダプタ使用時が約4時間、USBポートからの充電時が約8時間。サイズは幅70.4×高さ128.1×奥行き9.4mmで、重さは約125g。価格はオープンで、実勢価格は本体のみの「CP-F1LSVP」が4500円前後、ACアダプタ付属の「CP-F1LSAVP」が5000円前後の見込み。

「CP-F2L」は、容量7000mAhのリチウムポリマー電池を搭載。USB出力値は最大2.1Aで、大容量バッテリを搭載するタブレット端末などの充電に適している。USB出力ポートを2基備え、スマートフォン2台や、スマートフォンと携帯オーディオプレイヤーなど、2台の機器の同時充電に対応する。

内蔵バッテリの充電時間は、ACアダプタ使用時が約7.5時間、USBポートからの充電時が約15時間。サイズは幅70.4×高さ130.6×奥行き12.9mmで、重さは約198g。ACアダプタ付属モデル「CP-F2LSAVP」のみ用意する。価格はオープンで、実勢価格は7000円前後の見込み。

「CP-ELSVP」は、スティックタイプUSB接続ポータブルバッテリ。2000mAhのリチウムイオン電池を搭載し、スマートフォンを約1回分充電できる。出力時間は連続60分(1A出力時の最大値)、内蔵バッテリの充電時間は約6時間。

従来カラーのホワイト、ブラックに、新色としてブルー、ピンク、レッド、シルバーの4色を追加して、10月13日に発売する。サイズは幅28.0×高さ125.0×奥行き26.5mmで、重さは約87g。価格はオープンで、実勢価格は2300円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング