三菱地所、IMF年次総会期間中に羽田空港と丸の内で無料Wi-Fiを提供、来日外国人向け

2012.9.26 11:2配信

三菱地所は、IMF(国際通貨基金)年次総会の開催に合わせて、東京・丸の内の12か所のビルと羽田空港国際線旅客ターミナルビルで、来日する外国人向けに無料Wi-Fiサービス「"JAPAN-FREE-WIFI"」を提供する。期間は10月1~20日。

IMF総会のメイン会場となる東京国際フォーラム周辺の丸の内エリアのビルに、無料のWi-Fi環境を整備・拡充。さらに東京国際空港ターミナルの協力を得て、羽田空港国際線ターミナルビルでWi-Fiサービスにログインできる環境を構築し、丸の内エリアのビルと連携してネットアクセスサービスを提供する。サービス名(SSID)は、東京を訪れる外国人にわかりやすいように「"JAPAN-FREE-WIFI"」とした。

羽田空港国際線旅客ターミナルビルに到着した人々が、ターミナルビルで無料Wi-Fiサービスにログインすると、丸の内のスポットで煩雑なログイン手続きなしでそのままサービスを使い続けることができる。丸の内エリアでは、丸ビル(マルキューブ)、新丸ビル、丸の内オアゾ、三菱ビル、東京ビル、一号館広場、新東京ビル、富士ビル、有楽町ビル、新有楽町ビル、新国際ビル、国際ビルの12か所で「"JAPAN-FREE-WIFI"」を利用できる。

ネットワークインフラは、NTTドコモとエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が連携してサポート。環境整備は、三菱地所の施設と羽田空港の既存共用型公衆無線LANアクセスポイントや、NTTBPのクラウドサービスを用いる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング