発火寸前! 『アウトレイジ ビヨンド』緊迫の本編映像が公開

2012.9.26 15:7配信
『アウトレイジ ビヨンド』

10月に公開される北野武監督の新作『アウトレイジ ビヨンド』の本編映像の一部が公開され、三浦友和、加瀬亮、中尾彬、名高達男、菅田俊らが出演する緊迫感あふれるシーンが披露された。

このほど公開されたのは、関東最大の暴力団組織・山王会の幹部たちが集まった場面。山王会は先代が亡くなった結果、加藤(三浦)が会長を、かつて大友組の金庫番だった石原(加瀬)が若頭を務めている。彼らは新体制になったことを機に勢力を拡大し、その力は今では政財界にまでおよんでいる。しかし、このほど公開された映像でわかる通り、外の組から来た石原が組織の二番手に就いたことで、古参の幹部たちは不満を感じており、その内部は決して一枚岩と呼べるものではない。また、構成員の中には先代の死と、加藤率いる新体制について“ある疑惑”を抱いている者もいるようだ。

映画は、大きくなりすぎた山王会を壊滅させるために、警察組織が暗躍。切り札として服役していた元ヤクザの組長・大友(ビートたけし)を出所させ、さらには関西の最大勢力・花菱会をも巻き込もうとする。不満と疑惑と怨みと利権がギッシリとつまった“火薬庫”のような山王会は一体、どうなるのか? 登場人物全員が“悪人”の抗争劇の結末が気になるところだ。

『アウトレイジ ビヨンド』
10月6日(土)より全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング