ビタントニオ ヨーグルトメーカー

mhエンタープライズは、「Vitantonio(ビタントニオ)」ブランドの「ビタントニオ ヨーグルトメーカー」をリニューアルした「VYG-11」を8月下旬に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は6880円前後の見込み。

2015年秋に発売した多用途ヨーグルトメーカーをリニューアル。市販の牛乳パックでそのままヨーグルトが作れる手軽さと、さまざまな発酵食品作りができる幅広い温度設定機能はそのままに、使用用途をさらに広げ、機能と操作性を向上させた。

設定できる温度の幅を、従来の25度~60度から25度~70度に改良し、ヨーグルトや甘酒などの発酵食品だけでなく、65度前後でじっくり加熱することで、肉などをしっとり柔らかな食感に仕上げる低温調理にも対応した。鶏ハムやコンフィ、ローストビーフなどの本格的な低温調理も楽しめる。

温度調整とタイマー機能は、見やすいデジタル画面で簡単に設定可能。タイマー機能は温泉卵に適した30分から、天然酵母(4日間)に必要な99時間までセットでき、終了時にはブザーを鳴らして電源を自動でオフにする。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます