東芝、映像コンテンツの話題を共有できるSNS「TimeOn」、「レグザ Z7/J7シリーズ」向けに展開

2012.9.27 21:43配信
「TimeOn」の各種サービスにアクセスできる「クラウドメニュー」

東芝は、デジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ Z7/J7シリーズ」向けに、テレビ番組などの映像コンテンツに関する話題を共有できるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、レグザクラウドサービス「TimeOn」を10月下旬に開始する。

番組視聴中や録画番組再生中に、「レグザ Z7/J7シリーズ」のリモコンの「クラウドメニュー」ボタンを押すだけで、「クラウドメニュー」から「TimeOn」の各種サービスが楽しめる。「クラウドメニュー」には、既存VODサービスへの入口も用意している。

「レグザ」の「タイムマシン」機能で一時保存した番組や通常録画した番組から、シーンタイムで見たいものを探す「みどころシーン再生」サービスを用意。キーワード検索によるシーンの能動的な検索をはじめ、「検索急上昇ワード powered by Yahoo! 検索」などのおすすめシーンの視聴にも対応する。ピックアップされたシーン一覧から見たいシーンを選ぶだけで、指定したシーンをダイレクトに再生する。

録画番組の再生中に「タグリスト」サービスを使うことで、気になるシーンだけを簡単な操作で選択して、頭出し再生ができる。早送りをすることなく、リストから見たいシーンを探してジャンプすることができ、リモコンの左右ボタンを使った前後シーンのスキップにも対応する。公式のタグリスト「気になる!シーンリスト」だけでなく、ユーザーが作成して公開した「ユーザータグリスト」も使うことができる。

さらに、複数機器の録画予約や、視聴予約をまとめて管理し、「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZスケジューラ」に対応する「レグザ」とレコーダー「RDシリーズ」の予約情報に対応する「カレンダー」サービスや、複数の友人とメッセージやお気に入りのシーン番組・情報を交換できる「メッセージ」サービスを用意する。

このほか、「REGZA Tablet」などで書き込んだ伝言をテレビで見て、独自の音声合成技術「ToSpeak」によるテキスト合成に対応する「伝言ボード」サービス、クラウド上に保存した画像をテレビや「REGZA Tablet」で閲覧、共有できる「クラウドアルバム」サービスも利用できる。

Android搭載タブレット端末向けには、「レグザAppsコネクト」シリーズから、「TimeOn」対応の専用アプリ「RZクラウド」をGoogle Playで提供する予定。「RZクラウド」は、「カレンダー」「メッセージ」「伝言ボード」「クラウドアルバム」が利用できる。今後、バージョンアップを通じて他のサービスにも展開していく。

11月上旬には、Android搭載タブレット端末で、地上デジタル、BSデジタル、110°CSデジタル、スカパー!のテレビ番組表を一覧表示する「RZ番組ナビ」を提供。「RZ番組ナビ」は「レグザ Z7/J7シリーズ」とも連携し、タブレット端末で表示した番組表から見たい番組の選局や録画予約ができる。

一部VODサービスのコンテンツ検索やテレビ番組との横断検索、「レグザ Z7/J7シリーズ」の「予約リスト管理」、全国のユーザーの予約を集約した「予約ランキング」からの録画予約にも対応している。

→「レグザ Z7/J7シリーズ」の詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング