ソニー、スポーツシーンでの撮影に適したデジタルHDビデオカメラ「HDR-AS15」

2012.9.28 11:28配信

ソニーは、スポーツシーンでの撮影に適したビデオカメラ「アクションカム デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-AS15」を、10月12日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

付属や別売の専用のアクセサリと組み合わせて、アウトドアで迫力ある撮影がハンズフリーで楽しめる小型・軽量サイズのデジタルHDビデオカメラ。付属のウォータープルーフケースを装着することで、水深60mまでの水中撮影に対応するほか、スキーやスノーボードなどでも快適に撮影できる。

総画素数約1680万裏面照射型「“Exmor R(エクスモア アール)”CMOSイメージセンサー」とカールツァイス テッサーレンズを搭載。暗いシーンでもフルHDの高画質撮影ができる。また、手ブレ補正機能で、動きながらでも滑らかな撮影が可能。さらに、広角170°で目の前に広がる風景を目で見ている以上の広がり感で撮影することができる。

HD画質(1280×720/30p)で、動きの速いスポーツシーンは2倍スロー、ゴルフや野球などのスイングフォームは4倍スローなど、さまざまな撮影に対応。被写体の動きを一定の周期(5/10/30/60秒)で撮影する「インターバル静止画記録」などの撮影機能を備える。

Wi-Fi機能を搭載し、Wi-Fi対応カメラの写真や動画をスマートフォンなどに直接転送するアプリ「PlayMemories Mobile」を通じて、スマートフォンやタブレット端末からモニタリングしながら、録画の開始/停止などをコントロールできる。また撮影後は、動画をスマートフォンやタブレット端末に転送し、SNSやクラウドサービス「PlayMemories Online」などのウェブに簡単にアップロードできる。

サイズは、幅約24.5×高さ47.0×奥行き82.0mmで、重さ約90g。連続撮影時間約3時間5分。接着式マウント、ウォータープルーフケースが付属する。アクセサリは別売で、自転車のハンドルに装着する「ハンドルバーマウント VCT-HM1」が3150円、頭に固定したり、ゴーグルに取りつけたりできる「ウォータープルーフヘッドマウントキット VCT-GM1」は3675円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング