木下恵介生誕100年記念映画で、アニメ監督・原恵一が初の実写に挑む

2012.9.28 11:28配信
『はじまりのみち』を手がける原恵一監督(左)と、生誕100年を迎える巨匠・木下恵介

『二十四の瞳』や『楢山節考』などの作品を手がけた巨匠、木下恵介の生誕100年を記念する新作映画『はじまりのみち』が製作され、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』や『カラフル』などを手がけてきたアニメーション監督の原恵一が初めて実写映画に挑むことが発表された。

その他の写真

木下恵介生誕100年を記念して、大規模な回顧上映や、イベント、デジタルリマスターされた名作がカンヌ、ベネチアの両映画祭で公式上映されるなど、様々な催しが行われているが、松竹は本プロジェクトの中核をなす取り組みとして新作映画の製作を決定した。『はじまりのみち』は、戦時中、木下が脳溢血で倒れた母を疎開させるためにリヤカーに乗せて山越えをした、という実話のエビソードを主軸に、血気盛んな映画青年として軍部に睨まれ、松竹を一時離れるきっかけとなった『陸軍』の製作時のエピソードを回想形式で盛り込みながら、子を想う母と、母を想う子の愛の物語を描く。

原監督は「木下監督の生誕100年という年に、作品を作るという企画に声を掛けていただきました。実写の監督経験は無いので、ためらいましたが、こんなメモリアル企画に次は無いと思い、受けさせていただきました」と言い、映画でも描かれるリヤカーのエピソードについて「ヒーロー不在、何者でもない市井の人々、運命や時代に翻弄されながらも正しくあろうとする人々、このエピソードが後の木下作品の一端を体現しているようにも思えます」と分析。生誕100年記念映画だが「巨匠の若い頃の美談にもしたくありません。ある若者の挫折と再生の物語として描くことが、この先に作られることになる木下作品への興味となる、そんな風に考えています」と意気込みを語っている。

撮影は11月より開始され、来年2月に完成予定。来年初夏に松竹の配給で全国公開される。

『はじまりのみち』
2013年、初夏公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング