ユーミンと同じ舞台に立つ、貫地谷しほりの心境は?

2012.9.28 14:25配信
『8月31日 ~夏休み最後の日~』に主演する貫地谷しほり 『8月31日 ~夏休み最後の日~』に主演する貫地谷しほり

松任谷由実が演劇とのコラボレーションに挑む舞台『8月31日 ~夏休み最後の日~』。東京・帝国劇場での10月7日(日)の開幕に向けて稽古に励む主演のひとり、貫地谷しほりに話を訊いた。

「母の影響で以前からユーミンさんのファンだったんですけど、今は稽古場でそばにいらっしゃるうえ、毎日、生の歌を聴くことができる。しかも合い間には、手作りのお弁当を分けていただいたり、曲にまつわるエピソードをお聞きしたりして。ぜいたくな稽古場です」と目を輝かせながら話す。

俳優が物語を演じている同じ舞台上で、各場面に合った楽曲をユーミンが生で歌う。芝居とコンサートを同時に展開するような趣向が新しい。「ドラマや映画の場合、BGMは撮影の後で乗せるので、曲が流れる中で演技するのは珍しい経験です。歌のパワーに圧倒されて、芝居に酔ってしまう。そこは気をつけないといけませんね」。“純愛物語 meets YUMING”。それが脚本・演出の松任谷正隆が掲げるコンセプトだ。

貫地谷演じる千佳は、交通事故に遭った元恋人・一彦(吉沢悠)の意識を取り戻そうと、彼の脳内へと入り込む。そこで再会したふたりは、記憶をめぐる旅に出発。かつて過ごした時間を違う角度から見ることになった千佳は、当時の誤解に気づかされる。果たして彼女は一彦とふたたびやり直せるのか。

意識の中という設定のため、物語は時空にとらわれない。様々な季節やシチュエーションの場面が描かれるとなれば、曲のラインナップもバラエティ豊かなものになりそうだ。「最初に選曲を聞いたときは“この曲もあの曲も入っている!”と思いました」という貫地谷の言葉も期待を高めてくれる。

一彦のかつての恋人・冴子役で元宝塚の陽月華が出演するほか、入絵加奈子、伊藤明賢、細見大輔、小澤真利奈が様々な役に扮して出演。「私の役はシリアスですけど、笑えるシーンもあるんです。病院の看護師さんたちのガールズトークは面白いし、入絵さんや細見さんの演技には笑いが絶えません」。

演劇に正面から向き合うことは、デビュー40周年を迎えたユーミンにとっても、公私共に長年にわたって彼女とタッグを組んできた松任谷正隆にとっても、刺激的な体験に違いない。「正隆さんが感覚的におっしゃる言葉は鋭く、演じていて多くのことを気づかされます。その厳しい演出を由実さんも素直に受け止めていらっしゃる。クリエイター同士、そこに甘えはありません。かっこいいと思います」。

『8月31日 ~夏休み最後の日~』は東京・帝国劇場にて10月7日(日)から31日(水)まで上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング