注目の新鋭、廣原暁監督のPFFスカラシップ作品を初お披露目

2012.9.28 15:47配信
舞台あいさつの様子

現在開催中の第34回PFFぴあフィルムフェスティバル。若手映画作家の登竜門として知られる同映画祭で27日、石井裕也監督の『川の底からこんにちは』、来月13日から公開される木村承子監督の『恋に至る病』に続くPFFスカラシップ作品の最新作『HOMESICK』が初お披露目された。

その他の写真

上映前の舞台あいさつには、廣原暁監督、主演の郭智博をはじめ、奥田恵梨華、船曳健太、阿部翔平、子役の金田悠希、舩崎飛翼、本間翔と主要キャストが揃って登壇。廣原監督は「酷暑での撮影の中、みなさん頑張ってくれ、役をきちんと受けとめて演じ切ってくれた」とキャスト全員に花束を渡しながら各人に感謝の言葉を伝えた。

PFFスカラシップは、PFFアワード入賞者による企画コンペから選ばれた1本を、PFFが企画から劇場公開までトータルプロデュースする映画製作プロジェクト。本年は、このチャンスを廣原監督が手にし、『HOMESICK』を作り上げた。同作は、30歳で突然失業してしまった郭演じる健二が主人公。一家離散状態の上、かつて家族が集った家を明け渡すことになってしまい、行き場を失った彼が、近所の悪ガキ3人組との出会いなどを経て、この社会と世界の中で自らの立つ場所を見つけていく。現代社会の問題を背景にしながらも、その厳しい現実の先にきっとある未来と希望に思いを馳せた物語は、新世代のホームドラマを感じさせる。舞台あいさつで廣原監督は作品について「バックアップしてくれた気心知れたスタッフ、そしてキャストのみなさんに感謝したい。おそらく自分にとっての大きな転換点となる作品だと思う」と力強く語った。

また、この日は廣原監督のPFFアワード2010審査員特別賞受賞作で、バンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー・ヤングシネマ・アワードのグランプリにも輝いた『世界グッドモーニング!!』を、『HOMESICK』の完成を祝して上映。しかも同作品の音楽を手掛けたARTLESS NOTEがいつもの3ピースではなく6人のスペシャル・バンド編成で映画のエンドロールとシンクロするようにして登場。東京国立近代美術館フィルムセンター史上初となるミニライブを敢行し、魂の入ったパフォーマンスで廣原監督にエールをおくった。

なお、第34回ぴあフィルムフェスティバルは本日最終日。16時30分から、世界最大級の自主映画コンペティション“PFFアワード2012”の表彰式が行われ、グランプリをはじめ各賞が発表される。この表彰式の模様はUSTREAMでの生中継が決定。今年はどんな新星が現れるのか注目だ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング