KERA渾身のダークファンタジーに小出恵介が参戦!

2012.9.28 16:25配信
ケラリーノ・サンドロヴィッチ、小出恵介 撮影:源賀津己 ケラリーノ・サンドロヴィッチ、小出恵介 撮影:源賀津己

今冬、東京・シアターコクーンでケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)の新作『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』が演出・キャストを変えて2か月連続上演される。12月に、まずKERA本人の演出で上演し、来年1月に蜷川幸雄が演出するという大胆な企画だ。“21世紀最大の演出対決”と銘打たれた作品に挑むKERAと、KERAバージョンに出演する小出恵介に話を訊いた。

『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』KERAバージョンのチケット情報

本作は、架空の町を舞台にしたダークファンタジー。強欲な市長とその娘たち、放浪の若者など、様々な人々が織りなす群像劇だ。小出は、祖母と暮らす内気な青年役を演じる。KERAは小出を起用した理由について「彼は本当に演劇が好きで、舞台と映像の違いをちゃんと分かっている」からだと話す。「2010年のナイロン100℃『2番目、或いは3番目』に出てもらいましたが、虚構性の高い作品だったので、大変だったかもしれない。でも十分健闘してくれました。だから、今回さらに踏み込んで一緒にやりたいと思って、串焼き屋で口説きました(笑)。今回の役は動物園の飼育係で、心優しい青年なんだけど、それがやがて変貌してしまう予定です」と語る。

KERA作品に2度目の参加となる小出は、ナイロン100℃の公演にもよく足を運ぶ。「どの作品にもKERAさんならではの空気があって、大好きですね。笑えるんだけど、どこか嫌な気持ち、ざらっとしたものが残ったりもする。そのバランスが絶妙で。だから、今回、再び呼んでもらえたのは、すごく嬉しいです。前回はKERAさんとは初めてだったので、もの足りないところもあったと思いますが、今回はちゃんと戦力になりたい」と意欲をみせていた。

『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』KERAバージョンは12月9日(日)から30日(日)まで東京・シアターコクーンにて、2013年1月11日(金)から14日(月・祝)まで大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA!にて上演される。出演は小出のほか、生瀬勝久、丸山智己、安倍なつみ、大倉孝二、緒川たまき、夏帆、池田成志、久世星佳、西岡徳馬ら個性豊かなキャストが顔をそろえる。チケットは、東京・大阪公演ともに10月6日(土)より一般発売開始。なお、チケットぴあでは東京公演のインターネット先着先行・プリセールを9月30日(日)10時より受付ける。

取材・文:沢美也子

※西岡徳馬の「徳」の字は旧字体が正式表記。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング