新型iPhoneがついにリリースされ、活気を見せるiPhone業界! しかしiPhone5に搭載されているiOS6の新機能でひとつだけ不満の声が。それがマップ。

これまでiPhoneのマップはGoogle社の運営するGoogleマップというサービスを採用していましたが、iOS6ではGoogleマップを卒業し、独自のマップを取り入れました。が、これがユーザーからは大不評……! ついにアップルは、CEOのTim Cook名義で謝罪文を掲載し、代替マップの使用を提示するまでに至りました。

 

小さなビルの名前も分かるほど緻密だったGoogleマップとくらべ、スカスカな印象が拭えないApple独自のマップ……。あるはずの建造物が存在しない!という事例も報告されているようです。これじゃあ、道に迷っちゃうよ!

 

同じくGoogle社のサービスで、これまでiPhoneに最初から搭載されていたYouTubeアプリもiOS6からは削除されてしまいましたが、これに関してはすぐにApp Storeで公式アプリがリリースされたので、引き続きiPhone 5でも利用することができます。

ということで、期待がかかるのはGoogleマップアプリのリリースですが、連日各メディアで「出る」「出ない」の報道が二転三転している状況(関連サイト参照)。

そんなドタバタの最中、Google社が
「Google乗換案内」という新サービスをGoogleマップに導入しました!

 
 

なんとこれまでのルート案内にバスも追加されるというアップデート。ますます便利になるGoogleマップ。

絶対にiPhoneでも使いたい! でも公式アプリのリリースは待ってられない! そこで、新しいiPhoneでもGoogleマップを使う方法をいくつかピックアップしてみました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます