思わず訪れたくなる! ロケ地を舞台にした“ご当地映画”が続々公開

2012.9.28 19:20配信
『黄金を抱いて翔べ』に登場する中之島公園 (C)2012「黄金を抱いて翔べ」製作委員会

地方を舞台にした映画が増えてきているなか、この秋『ペンギン夫婦の作りかた』『黄金を抱いて翔べ』『北のカナリアたち』『綱引いちゃった!』などの、その土地をロケ地にした作品の公開が相次ぐ。

その他の写真

ここ数年、地方で撮影する映画が増えてきたのは、各地方のロケーションシステムが積極的に受け入れ体制をとりはじめたことで、撮影がしやすくなったことが要因のようだが、ワンシーズンに地方を舞台にした作品が相次ぐのはまれな現象。特に、この秋公開されるご当地映画は、その土地の人たちだけでなく全国の人にも注目される内容の作品ばかりがそろう。

大阪の街を舞台に、金塊強奪計画を企てる男たちの姿を描いた『黄金を抱いて翔べ』は、大阪出身の高村薫氏の原作をもとに井筒和幸監督が映画化した作品。本作は、撮影の際、原作をもとに“物語地図”を作製してシナリオハンティングを行い、歩きながら風景を見て新たなシーンやセリフを書き加えたという。劇中では、主人公・幸田のアパートや、強奪犯のリーダー・北川のマンション、爆弾工作員のモモが働いていた豆腐屋、吹田カトリック教会など、井筒監督や高村氏にとってなじみ深い吹田市の土地を使用している。そのほかにも、大阪・キタ地区にある東通商店街や中之島公園も登場。多くの大阪の風景を観ることができる。

食べるラー油の火付け役である“石垣島ラー油”を作る辺銀夫婦をモデルにした映画『ペンギン夫婦の作りかた』は、ほぼ全編を石垣島で撮影。夫婦がはじめて石垣島を訪れ、あまりの美しさに言葉を失うほど感動してしまうというシーンに使われた、石垣島の人気スポット・川平湾や、石垣島に移住するきっかけとなった食事処・舟蔵の里も登場する。

また、日本最北の地の稚内、サロベツ、利尻島、礼文島を舞台に、20年前に起こった“ある事故”の謎に翻弄される女性の姿を描いた『北のカナリアたち』は、前売券を購入するとキャストのコメントや、原作の湊かなえ氏のロケ地レポート、北海道のロケ地紹介などが掲載された特製ブックレットがもらえるという工夫もされている。ほか、市のPRのために“女子綱引きチーム”を結成した大分市役所に勤める主人公たちの奮闘を描いた『綱引いちゃった!』は、実際に大分市役所をロケ地に使用している。

『ペンギン夫婦の作りかた』

『黄金を抱いて翔べ』

『北のカナリアたち』

『綱引いちゃった!』
11月23日(金)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング