トヨタ自動車、「人とクルマと家」をつなぐコンセプトモデル「Smart INSECT」

2012.10.1 10:59配信

トヨタ自動車は、ITを活用し、ユーザーのカーライフをサポートする「次世代“つながる”サービス」のコンセプトモデル「Smart INSECT」を公開した。10月2~6日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催する「CEATEC JAPAN 2012」のトヨタブースに展示し、操作の実演を行う。

「Smart INSECT」は、ユーザーとの対話型サービスのコンセプトを具現化したもの。名称は、「Information」「Network」「Social」「Electric」「City」「Transporter」の頭文字の組み合わせで、小さなボディでありながら情報ネットワークを駆使し、大きな羽を広げて飛び回る昆虫(insect)のようなイメージを伝えたいという思いを込めた。

超小型一人乗り電気自動車(EV)「コムス」をベースに、「次世代“つながる”サービス」に必要なモーションセンサや音声認識、行動予測での目的地設定などの技術を搭載し、クラウド上の「トヨタスマートセンター」を介して「人とクルマと家」をつなぎ、便利で快適なカーライフをサポートする。

車両前方のモーションセンサでクルマに近づいた人の顔を検知し、あらかじめ登録されているドライバーの顔写真と照合して個人認証する機能や、認証が完了すると、フロントライトを点滅させたり、インストルメントパネルのモニタで挨拶したりするコミュニケーション機能、モーションセンサでドライバーの動作を検知して、手の動きに応じてドアをオープンする機能を搭載する。

また、エネルギー管理システム「トヨタスマートセンター」で音声情報を認識するバーチャルエージェントが、対話からドライバーの意図を予測して目的地の設定やクルマの各種機能を操作。エージェントを介して、スマートフォンのナビゲーションやコンテンツを音声で操作したり、自宅の施錠やエアコンの状態を車内から確認し、音声で操作したりする機能などを備える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング