私って彼の本命なのかな?そう感じたとき、どこで彼の本気度をジャッジしますか?

連絡頻度や優しい言葉、プレゼントが本命の証拠とは限りません。男性が本命にしかしない行動には、こんな意外なパターンもありますよ!

特に目的のない外デート

映画や買い物、食事など、目的のあるデートは本命とするもののように思えますよね。でも実は、目的のないデートができる相手こそが本命視されていることも。

そもそも、男性は浮気相手やどうでもいい女と無意味に外をふらつくようなことはしません。

間が持たないし、誰に会うか分からないし、浮気相手はただ一緒に時間を過ごすだけで心地いい相手ではないからです。

何をするわけでもなく外に出て過ごし、お腹がすいたらスーパーで買い物して自宅で食事……一見手抜きに見えるこんなデートほど、実はリラックスして楽しめる本命の証なのかも。

ホームに入れてくれる

素の自分や手の内を見せてくれるかどうかも、本命とそれ以外を区別するポイント。

彼は、あなたをホームに入れてくれますか?この場合の「ホーム」とは、文字通り彼の家だったり、行きつけの店、彼の友人関係、あるいは実家など、あらゆる意味での「ホーム」です。

例えば独身のフリをした既婚者はあなたを家に呼べないし、行きつけの店に連れて行き、店の人に「アレ?」という顔をされるのも困るはず。

「地元デートばっかり!」と思っても、プライベートな空間や、親しい人間関係の中にあなたを入れてくれるなら、あなたもまた彼の大事な人としてカウントされていることでしょう。

注意すべきところはしてくれる

生活態度やマナー、他人に対する態度などについて、あなたに注意やダメ出しをすることがあるのも、本命の証拠です。

浮気相手は替えのきくもの。ダメ出しするエネルギーを使うなら、その子じゃなくてもいいんです。せいぜいが「もっと女らしい服を着ろよ」というところでしょう。

でも、本命彼女には「自慢の彼女」でいてほしいもの。うるさく感じますが、聞く耳も持ちましょう。

彼女との仲が親密になると、男同士の友達のように「建設的な指摘→改善→もっと仲良くなる」ノリで指摘してきていることもあるので、「ダメだしするなんて私を嫌いなの?」と悩まないほうがよいです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます