究極のラーメンAWARD選考委員長の沖山氏(写真左)から、「○丈」店主の丈六さん(右)に記念の盾が手渡された。 究極のラーメンAWARD選考委員長の沖山氏(写真左)から、「○丈」店主の丈六さん(右)に記念の盾が手渡された。

「今食べるべき、本当に旨い一杯はどれか」をコンセプトとした、関西最強のラーメンを決める「第1回 究極のラーメンAWARD関西」が、10月1日発売のムック本『究極のラーメン2013関西版』(ぴあ)にて発表された。

関西を代表する有名ラーメンブロガー4名が選考委員を務め、1000店以上ものノミネート店の中から総合グランプリに選んだのは、大阪・難波の人気店「中華そば ○丈」。毎日店主自らが打つ自家製麺とコク旨醤油スープを武器に、2010年に現在の場所に移転して以来、確実に実力と人気を伸ばしてきた気鋭店だ。

沖山欣也選考委員長から初代グランプリの記念盾が店に贈呈され、店主の丈六達司さんは「感激です。創作メニューにも力を入れていきますので、これからも応援よろしくお願いします」と受賞の喜びをかみしめた。

また、新店をはじめ、醤油、塩、豚骨、鶏白湯、味噌、つけ麺などの各部門のグランプリ&準グランプリ店も同時に発表された。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます