「角瓶80周年記念 角ハイボールガーデン」オープニングイベントに登場した井川遥

 「角瓶80周年記念 角ハイボールガーデン」オープニングイベントが31日、東京都内で行われ、女優の井川遥が登場した。

 井川がバーの店主を務め、加瀬亮、ピエール瀧、田中圭らが常連客を演じる「角ハイボール」のCMシリーズ。今回の新CMでは、若手俳優の矢本悠馬がバーの“新顔”として登場し、やけに人懐っこい陽気なキャラクターで、お店の大人な雰囲気を良い意味でかき回していく。

 矢本の印象を問われた井川は「まさに新顔という感じで、新風を吹かせるというか、にぎやかな撮影現場となりました」とにっこり。「皆さん、お知り合いだったので会話もすごく盛り上がっていたのですが、矢本さんは初めての現場で少し緊張されていた。その感じがまた、常連さんと新顔の微妙な、何ともいえない雰囲気につながりました」と現場での絶妙な化学反応を振り返った。

 この日は、お店自慢の組み合わせ“ハイ&カラ(ハイボール&カラアゲ)”も登場し、さっそく試食した井川は「サクサクで香ばしくておいしいです。相性抜群ですね」と太鼓判。井川自身も「夏場はほぼ、夕食時に自分で角ハイボールを作っていた」といい「今年の夏は、カラアゲはもちろん、ジャガイモを薄くスライスしてポテトチップスにしたものや、子どもも大好きなポテトフライをおつまみとして作りました。みんなでワイワイすごくおいしかったです」と一家団らんの様子も明かした。

 またCMの印象から、プライベートでも「角ハイボールを作って」と頼まれることも多いと話す井川は「みんなで集まった時にカウンターがあったりすると、何かここ見た光景…となって、それで作ることが多いです」と照れ笑い。「角ハイボールを作ってあげたくなる男性のタイプ」を問われると「やはり作ったものを『おいしい』と言って、うれしそうな顔で飲んだり食べたりしてくれるとうれしい。あとは、お酒の席ですごく楽しませてくれるような、そんな人がいいですね」と理想のタイプを語った。

 新CM「新顔」篇は9月2日からオンエア。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます