雪組トップスター・音月桂、話題作『JIN -仁-』でラストステージへ!

2012.10.3 16:12配信
音月桂 (撮影:奥村達也) 音月桂 (撮影:奥村達也)

漫画家・村上もとかによる大ヒットコミックで、大沢たかお主演のドラマ版でも話題となった『JIN -仁-』が宝塚歌劇で舞台化される。音月桂(おとづき・けい)、舞羽美海(まいはね・みみ)の雪組トップコンビのサヨナラ公演として、ショー『GOLD SPARK ! -この一瞬を永遠に-』との2部構成で上演。雪組一筋で15年、常に笑顔で宝塚の舞台に立ち続けてきた音月に、本公演にかける思いを訊いた。

宝塚大劇場公演『JIN-仁-』/『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』チケット情報

「大好きな日本物でワクワクしますね。すごく楽しんでやっています」。雪組は“日本物の雪組”と称され、音月自身も気合十分だ。しかし、音月が演じる医師・南方仁は、現代から江戸時代へとタイムスリップするため、あくまでも現代人として舞台に立つ。「現代人の役柄ですが、着物を着ると、どうしても背中にスッと一本筋が通ったようになるんです(笑)。でもこの作品では現代と江戸時代の違いをリアルに出さなければならないので、ピシッとしたい気持ちを抑えて、着物も敢えて乱した方がいいかなと思っています。下級生は立回りもあるので、私が学んできたことをしっかりと伝えていきたいです」。

本作で描かれるのは、江戸の町で出会った舞羽演じる橘咲との時空を超えた愛や、早霧(さぎり)せいな演じる坂本龍馬との友情を軸にした、江戸の人々との人間模様。卒業公演ならではの、仁と音月がリンクするようなセリフや楽曲、ステージングが用意されている。「演出の齋藤(吉正)先生が、すごく愛を持ってセリフや歌詞を作ってくださっています。仁は江戸の町で暮らす人たちの温かさに触れて成長していきますし、私自身も15年間、いろんな方との出会いがあってここまでこられました。そういう意味では演じていて感情が入りやすいですし、これまでの集大成をお見せできればと思います」。

一方、ショー『GOLD SPARK !』は、タイトル通りキラキラとした“輝き”をイメージしたステージが展開する。中でも黒燕尾のシーンは音月たっての願いだと言う。「大階段での黒燕尾の場面はどうしてもやりたかったので、嬉しいです。今すごく充実している雪組が、もっともっと輝けるショーにしたいですね」。

最後に、雪組のトップとして過ごした時間について尋ねた。「とても濃厚で、毎日が充実していました。振り返ると本当にあっという間に感じます。いろんなものに触れたり発見したり、お客様に温かい拍手を頂いて感動したり。それは主演になる前からですが、特にこの2年間は、支えてくださるファンの方々、スタッフ、組子たちがいたからこそ、こうして笑顔で舞台に立てるんだということが実感できました。ですから、恩返しをするためにも、最後まで全力投球したいと思います」。

公演は10月12日(金)から11月12日(月) 兵庫・宝塚大劇場、11月23日(金・祝)から12月24日(月・祝)まで東京宝塚劇場にて上演される。宝塚大劇場公演のチケットは発売中。東京宝塚劇場公演のチケットは10月21日(日)より一般発売開始。

取材・文:黒石悦子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング