ケビン・コスナーが、McG監督の新作に主演

2012.10.3 19:25配信

ケビン・コスナーが、McG監督の次回作『Three Days to Kill』に主演することが決まった。フランスを舞台にした本作は、リュック・ベッソンと『パリより愛をこめて』のアディ・ハサックが脚本を書き下ろしたアクションスリラー。

コスナーが演じるイーサン・ランナーは、シークレット・サービスの一員。自分に死が迫っていることを知った彼は引退を決めるが、病気が治るかもしれない実験薬を受け取ることを条件に、シークレット・サービスから最後のミッションを受ける…。

しばらく低迷してきたコスナーのキャリアは、最近、再び巻き返している。先月は、テレビドラマ『Hatfields & McCoys』でエミー賞を受賞したばかり。来年夏公開の“スーパーマン映画”『Man of Steel』にも出演するほか、クリス・パイン主演でリブートされる“ジャック・ライアン映画”への出演も決まっている。

フランスを舞台にしたアクション映画の『Three Days to Kill』は、『96時間』『トランスポーター』などの脚本、製作を手がけてきたベッソンが得意とすることから、この映画も、娯楽性たっぷりの作品に仕上がりそうな予感だ。ここで主演映画をヒットに持っていければ、本格的に返り咲きできそうだ。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング