岡田将生、「『未来日記』は意識を改める機会になった」

2012.10.4 18:58配信
岡田将生

累計400万部突破の大人気コミックを岡田将生と剛力彩芽でドラマ化した『未来日記-ANOTHER:WORLD-』。未来を奪い合う究極のサバイバルに参加する主人公の大学生を演じた岡田が、“自分の未来は自力で切り拓く”というテーマを若い世代に感じてほしいと語った。

その他の写真

自分の未来がわかる “未来日記”という携帯アプリをダウンロードした若者たちが、生死を賭けたサバイバルゲームに強制参加することになるサスペンス。同じ“未来日記”の所有者を殺さなければ生き残れない残酷なルールに若者たちは戸惑うが、そこには“自分の未来は自力で切り拓く”という真のテーマがある。「ちょうど僕も同じことを考えていた時期があって、大学を中退して今の仕事に専念した当時を思い出しました。先が見えないことが怖くて不安で。未来を知りたいと思ったこともありましたね」と自身もテーマに感情移入したという。「だから僕と同世代、若い人たちに観てほしいと撮影中は思っていました」。

岡田演じる星野新太は、就活もロクにせず毎日を惰性で消費する大学3年生だ。「誰でも彼のようにダラダラしている時期ってありますよね。実際僕も第1話は昔の自分を見ているようで恥ずかしかったです(笑)」と新太と自身を重ねる岡田。やがて幸か不幸か、戸惑う新太の前に同じく“未来日記”を所有する美少女・古崎由乃(剛力)が現れ、死が迫っていることを痛烈に意識することに。人生に対して、真剣に向き合うハメになるのだ。「新太にとって平和なシーンって、実は第1話だけでした(笑)。ただ、突然自分の未来が変わることって現実に起こり得ると思うので、そのメッセージは伝わればいいなと思っていました」。

若手俳優として活躍する岡田は第1話の新太のような昔の自分に勝った“勝ち組”だが、本作と出会ったことで意識を改める機会にもなったという。「まだちょっと、どうにかなるって考えちゃう瞬間がありますね(笑)。そうじゃなくて、自分のビジョンを持って、それに向かって走っていく人がカッコいい。そういう男になれたらいいなと改めて思いました」。

『未来日記-ANOTHER:WORLD-』

取材・文・写真:鴇田 崇

いま人気の動画

     

人気記事ランキング