【カフェ】飛騨の小京都・高山のカフェを巡る旅(その2)

究極の町屋カフェ、和カフェを求めて「飛騨の小京都・高山(岐阜)」へ秋旅に。前回に引き続き今回も、情緒溢れる高山の町で味わえるスイーツやカフェ、手土産などをたっぷりとご紹介します。

秋らしくなってきましたね♪
秋の夜は本を読みたくなり本屋さんへ、
本を見ていると旅に行きたくなり、
旅の準備をしていると食べたいものばかり・・・
結局は食欲の秋の私です。

飛騨の小京都高山をカフェを巡る旅(その1)は楽しんで頂けましたか?
[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9590 ]
今回は第2段。
前回ご紹介し切れなかったカフェや手土産などを
ご紹介します。

高山の朝は朝市から始まります。
朝市の場所は宮川に沿った宮川朝市と陣屋前の広場の二箇所です。
6時くらいから市が立ち始めますが、出揃ってくるのは8時以降って感じでしょうか。
市は昼すぎくらいまで営業しています。

この季節ちょっと出店者が少ない感じがしたので、旅館で聞いてみました。
「農家の人は今は忙しい時期だから少ないかも
知れませんね。」ということらしい・・・なるほど稲刈りなど収穫に忙しい季節・・・納得。
朝早いと、朝市のおばちゃん達は朝ご飯を食べながら坐っています。
そのほうばっている朝ご飯に興味津津なのは私だけでしょうか。

 

人気記事ランキング