womanwall

雰囲気美人は、顔のカタチが整っているというよりも、どこか色気があってアンニュイな雰囲気もあって、他の人には真似できないからこそ、特別な存在にみえるもの。

顔に自信がなくても、努力次第で輝けるはず!

今回は、顔に自信がなくてもモテる女になるための簡単テクをご紹介します。

喋るスピードとトーンを落とす

色気=肌を出せばいいってものでもありません。

下着のような服装をしたところで、イタいと思わるだけ!見た目を磨くよりも、まずは所作から変えてみませんか?

たとえば、喋るスピードをゆっくりするだけでも、おっとりとした雰囲気にみえます。

カフェなどに出没している「お喋り女」は、何を急いでいるのかまくしたてるように話します。

とても色気があるようにはみえず、男性からみたときも近寄りたいとは思わないでしょう。喋るスピードやトーンをシチュエーションに合わせて調整できてこそ、美しい女性へと近づいていくのです!

「間」を置きながらコミュニケーションをとる

女子同士で集まっても、お互いが自慢をするだけであって、聞いている立場としては苦痛で仕方がないときがありませんか?

相手の話を引き出せず、自分の話しかできない時点で、とても色気がある人とは思えません。

雰囲気が素敵な人は、周りの人と喋っていても、相手が自然と自分の話をしたくなるような空気を出すことができます。

見た目を磨く前に、まずは聞き上手になること。

コミュニケーションをとるときは、常に自分の言いたいことを言うよりも「間」を置きながら、相手の話を聞いたり、質問を返したりと、話しやすい空気を出しましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます