2012年ロンドン五輪から2020年東京五輪への架け橋

2012.10.5 17:29配信
「東京都栄誉賞・都民スポーツ大賞」表彰式 「東京都栄誉賞・都民スポーツ大賞」表彰式

10月5日、東京都庁都民広場にて、東京都栄誉賞・都民スポーツ大賞表彰式が行われた。東京都在住・在勤・出身と東京ゆかりの『ロンドンオリンピック・パラリンピック』メダリスト18名に、石原慎太郎知事から贈呈された。東京都栄誉賞及び都民スポーツ大賞は柔道57kg級・松本薫、ボクシングミドル級・村田諒太ら金メダリスト4名、都民スポーツ大賞はなでしこジャパン・岩清水梓、競泳背泳ぎ・寺川綾、フェンシング・太田雄貴ら銀メダリスト&銅メダリスト14名が受賞した。

松本に表彰状を手渡した石原都知事は「あなたをテレビで見た時、オオカミ少女かと思ったが、こうして見ると美人だな。この頃の日本人はボーっとした顔をしているからだめなんだよ。ああいう闘志みなぎる顔をしないと」と慎太郎節を炸裂させた。さらに「受賞者のみなさん、おめでとうございますと言うより、ありがとうございました。若い選手の肉体の限界を超えたパフォーマンスに活力をいただいた。どんな本を読んだり、どんな映画を見るより、スポーツは大きなエネルギーを与えてくれる。いい意味で強い日本をもう一度作り直していこう」と続けた。

東京都民栄誉賞・都民スポーツ大賞の受賞者たちは異口同音に、2020年『東京オリンピック・パラリンピック』招致の協力を求めた。「スポーツには力がある。2020年五輪の招致をしているが支持率が低いのが現状。2020年、東京に五輪を呼びましょう」(村田)、「東京五輪が実現すると野球やソフトボールが復活するかもしれない。チャンスが広がるといい」(ウエイトリフティング48kg級・三宅宏実)、「ロンドン五輪のメダリスト以外にもがんばっている日本人選手はいくらでもいる。東京五輪を実現し、ぜひそういう選手を知ってほしい」(寺川)などなど。

また、「スーパーで買い物していると、おばあさんに拝まれたので拝み返した」というエピソードを明かした松本は、一般客の「すごいタイプなんですが、彼氏はいますか」という質問に「来る者は拒まずですので、ぜひ来て下さい」と話し、会場を沸かした。

去就に注目が集まる村田や三宅、水泳女子100m背泳ぎS11・視覚障害・秋山里奈らは、『リオ五輪』はさておき、まずは現役続行の姿勢を明かした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング