阪急阪神グループ、モバイル会員向けO2Oサービス「SMART STACIA」、共同トライアルも実施

2012.10.5 17:58配信
登録会員制のO2Oサービス「SMART STACIA」利用イメージ

阪急阪神グループ各社は、NTTグループ各社と博報堂の協力を得て、モバイル会員向けO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービス「SMART STACIA(スマート スタシア)」の提供を、10月6日に開始する。

O2Oサービスは、「Online to Offline」の略で、ネット上(オンライン)からネット外の実地(オフライン)での行動を促す施策や、オンラインでの情報接触行動をオフラインでの購買行動に影響を与える施策。スマートフォンの普及によって利用が拡大し、注目を集めている。

阪急阪神グループ各社は、阪急阪神沿線のおすすめ情報をタイムリーに提供し、利用者の利便性向上、沿線地域の活性化に貢献することを目的に、モバイル端末(スマートフォン・携帯電話)を利用した登録会員制のO2Oサービス「SMART STACIA」を開始する。阪急阪神沿線のショッピングセンターのおトク情報や、阪急阪神沿線各店で利用できる電子クーポン「SMART STACIA」ポイントサービスを提供する。

同時に、阪急阪神グループ各社、NTTグループ各社と博報堂は、阪神間の中核拠点である梅田(大阪府)・西宮(兵庫県)の主要商業施設で、「SMART STACIA」会員対象のO2Oマーケティングに関する共同トライアルを実施する。期間は2013年5月10日まで。

「SMART STACIA」会員を対象に、梅田の「阪急三番街」「HEP(ヘップ)ファイブ」「NU chayamachi(ヌー茶屋町)」向けアプリ「ウメダ・スタイルクリップ」、西日本最大級の商業施設「阪急西宮ガーデンズ」利用者向けアプリ「阪急西宮ガーデンズアプリ」の二種類のスマートフォンアプリを無料で提供し、新しいショッピングスタイル体験を提供する。アプリは、Android版がAndroid 2.3以上、iPhone版がiOS 4.3以上に対応する。

さらに、スマートフォンアプリの利用状況や鉄道・バスの乗降情報、商業施設での購買情報などのビッグデータを分析し、顧客の興味・関心にマッチした情報をタイムリーに提供するマーケティング・技術検証に取り組む。

阪急阪神グループ(阪急阪神ホールディングス、阪急阪神カード)は、各種トライアルサービスの提供主体としてフィールドを提供し、NTTグループ(NTT、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ)は、ビッグデータを活用したマーケティング分析技術や最新ICTの提供など、主に技術面でトライアルの成果向上に貢献する。博報堂はマーケティングに関する知見を提供し、トライアルの成果向上に貢献する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング