R・ストーンズ『女たち』未発表音源満載で発売&渋谷に“サム・ガールズ通り”が出現

2011.11.18 12:55配信
ローリング・ストーンズ ローリング・ストーンズ

パンク・ムーブメントに呼応した性急なロック・ナンバーから、ディスコ・ビートを大胆に取り入れた大ヒット曲『ミス・ユー』まで、ローリング・ストーンズがその懐の深さを見せつけた'78年リリースの名作『女たち』のスーパー・デラックス・エディションが12月7日(水)に発売される。

他の画像を見る

DICS2はすべて未発表音源で、クロディーヌ・ロンジェの拳銃事件を題材としたことでお蔵入りを余儀なくされた『クロディーヌ』、ハンク・ウィリアムスの名曲を取り上げた『ユー・ウィン・アゲイン』、キースが歌うトロイ・シールズのカバー『ウィ・ハド・イット・オール』、ジャガー/リチャーズ流石の佳曲『ドゥー・ユー・シンク・アイ・リアリー・ケア』『ノー・スペア・パーツ』など、数多くのアウトテイクを生んだ“サム・ガールズ・セッション”より厳選された未発表12曲からは、カントリーほか、よりルーツ・ミュージックに傾倒したサウンドを聴くことができる。ストレートなストーンズ風R&R『アイ・ラヴ・ユー・トゥー・マッチ』『ソー・ヤング』(かつてシングルのB面としてリリースされたものとは別バージョン)は、アンダーグラウンド流通の時代からマニアの評価が高かった名曲でもある。

さらに、日本盤のみのボーナス・トラック『ソー・ヤング(ピアノ・バージョン)』も収録されることが決定。これは、世界的にiTunes版のみに収録される楽曲であり、フィジカルでは日本盤のみの収録となる。

また、渋谷パルコPart 1とPart 3の間の道が、12月9日(金)まで“サム・ガールズ通り”となるほか、12月7日(水)から12月11日(日)までは、渋谷カフェ「マンドゥーカ」(タワーレコード隣)が「ストーンズCafe」として展開。さらに『サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス'78』が“サム・ガールズ通り”近くの渋谷シネマライズにて、11月26日(土)~12月9日(金)の間上映されることも決定している。

なお、facebookのオフィシャルページでは未発表曲4曲の先行試聴会が開催。ページ内では、自分の写真をジャケット内の図柄の顔がないところに入れられる“サムガールズになれる企画”も行われている。こちらは、11月19日(土)よりお台場ヴィーナス・フォートでスタートする史上最大のロック・コンベンション「ロックンロール・バザール2011」でも体感できるので、ぜひチェックを。

■ザ・ローリング・ストーンズ『女たち <スーパー・デラックス・エディション>』
12月7日(水)発売 12600円
完全初回限定盤/アートワークのみ輸入仕様/日本盤のみSHM-CD仕様

いま人気の動画

     

人気記事ランキング