ユーミン「泣かせる自信はある」! 舞台『8月31日 ~夏休み最後の日~』開幕

2012.10.7 16:38配信
『8月31日 ~夏休み最後の日~』舞台写真 『8月31日 ~夏休み最後の日~』舞台写真

ユーミンこと松任谷由実が演劇とコラボレーションする舞台『8月31日 ~夏休み最後の日~』が10月7日、東京・帝国劇場にて開幕した。公開舞台稽古が行われた前日6日には、脚本・演出の松任谷正隆、主演の貫地谷しほりとともにユーミンが取材にも応じ、「新しい環境になったが、このキャリアでもまだ知らないことがたくさんあるんだなと思い、本当に嬉しい」と充実の表情を見せた。

物語は、交通事故で意識不明となった元カレ・一彦(吉沢悠)が運び込まれた病院になぜか呼び出された千佳(貫地谷しほり)が、一彦の夢の中に入り、ふたりで記憶の中へ旅をする……というもの。同じ時間を過ごしながらも、それぞれが見ていた景色が違っていたこと、小さな誤解から別れてしまったこと、そして相手へまだ変わらず抱いている思いなどが次第に明らかになるという切ない純愛物語だ。ユーミンはストーリーテラー的存在で舞台に登場する。セットを極限までそぎ落としたようなシンプルな舞台の上で、ユーミンの楽曲は時に情景となり、時に登場人物の感情を歌い、さらには彼らへの応援歌となり……と様々な貌を見せ、観客のイマジネーションを膨らませていく。

これまでもサーカスとのコラボなど、様々なジャンルに挑戦してきたユーミンだが、演劇とのコラボレーションはこれが初。だが、ユーミン自身が「リハーサルでも毎回泣けちゃう」とのことで、「(観客を)泣かせる自信はすごくあります。歌を作る時でも、自分でぐっとくるものだったら同じ感性の人はいると信じてやってきたので、今回のステージも同じ風に思ってくれる人がたくさんいるはず」と自信の言葉。主演の貫地谷も「本当に音楽の力ってすごいなと日々感じています。(ユーミンの曲と合わせると)自分の芝居に酔っちゃって酔っちゃって困っちゃう。吉沢さんとも、ふたりの芝居がどんどん音楽が入るごとに酔っていってしまい、それがよくないからなるべく俯瞰で見られるようにしようねって話しています(笑)」と笑顔を見せる。その貫地谷の演技についてはユーミンは「お若いのにプロだなと感服することしきり。心のひだに、彼女のエモーションがすごく刻み付けられた。必ずなんかの形で(今後の)作品に反映されてくると思います」と絶賛、さらに「舞台もエフェクトで色んなことが起こるので、わぁ、かっこいいなと思っています。私も前から観てみたい!」と話していた。

公演は10月31日(水)まで同劇場にて。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング