日本マイクロソフト、Windows 8用ショートカットキー搭載ワイヤレスキーボード「Microsoft Sculpt Comfort Keyboard」

2012.10.9 16:43配信
Microsoft Sculpt Comfort Keyboard

日本マイクロソフトは、最新OS「Windows 8」でよく使う機能のショートカットキーを搭載したワイヤレスキーボード「Microsoft Sculpt Comfort Keyboard(マイクロソフト スカルプト コンフォート キーボード)」を、10月19日に発売する。価格は5985円。

Windows 8でよく使う検索、共有デバイスや設定などの機能をワンプッシュで呼び出すショートカット キーを搭載したワイヤレスキーボード。立体カーブのエルゴノミクスデザインを採用し、自然な手の位置で楽にタイピングができる。

マイクロソフト製の他のキーボードに比べて大きなスペース バーを搭載。親指の位置にせり出しているので押しやすい。また、クッション性のあるパーム レストがやさしく手首を支える。パーム レストは取り外しができ、デスクのスペースにあわせてコンパクトなスタイルで使用できる。

対応OSは、Windows 8/RT/7/Vista。接続方式は2.4GHzワイヤレスで、電波受信範囲は約10m。電源は単4アルカリ乾電池×2本。サイズは、縦約213×横453×高さ33mmで、バッテリを含む重さは約807g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング