パナソニック、高容量で自然放電の少ない「エネループ プロ」第二世代と、「エネループ」ディズニーモデル

2012.10.9 18:48配信
左から、「HR-3UWXB-2」「HR-3UWXB-4」「HR-4UWXB-4」「BC-KJR1WB40」

パナソニックは、「繰り返し使うライフスタイル」を提案する充電式ニッケル水素電池「eneloop(エネループ)」シリーズの新製品として、高容量で自然放電の少ない「エネループ プロ」の第二世代製品と、ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念した「エネループ」のアニバーサリーモデル「HR-3UTGB」を10月25日に発売する。

高容量タイプである「エネループ プロ」第二世代製品は、単3形の電池容量がエネループ「HR-3UTGB」と比べると約28%向上。エネループ プロの従来品「HR-3UWX」と比べると、最小2400mAhから2450mAhに高容量化を図った。

また、自然放電抑制技術を採用し、電池設計を最適化することで、高容量を維持したうえで自然放電抑制性能が向上。1年後のエネルギー残存率は、従来品のエネループ プロ「HR-3UWX」の約75%から約85%に向上した。

ラインアップと価格は、単3形×2個「HR-3UWXB-2」が1260円。そのほかの価格はオープンで、単3形×4個「HR-3UWXB-4」が実勢価格1880円前後、ワイヤレスマウスなどでの長時間使用に便利な単4形×4個「HR-4UWXB-4」が1680円前後の見込み。単3形×4個と2倍速・3倍速対応急速充電器セット「BC-KJR1WB40」は4480円前後の見込み。

同時に、ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念した「エネループ」のアニバーサリーモデルとして、単3形×8個入り「HR-3UTGB8D2」を、2万パック限定で発売する。価格はオープンで、実勢価格は3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング