ネスレ日本は、自分好みのコーヒーを淹れられるコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」と専用タブレット端末をセットにした日本国内居住者向けの新しいIoTサービス「ネスカフェ コネクト」の申込受付を9月5日から開始した。

自宅に「バリスタ i[アイ]」とタブレットをセットし、タブレットの画面上に表示される「エージェント」に話しかけると、コーヒーを淹れたり、離れて暮らす家族とLINEでメッセージを送受信したりできる。タブレットでの情報検索などは、すべて音声で行うことができ、スマートフォンなどを所有していない高齢者でも利用しやすくした。

タブレットの利用にあたり、Wi-Fi環境が必要。顔認識技術によって、「エージェント」から個別にアクティブなコミュニケーションも行う。

専用サイトからを申し込むと、機器一式が配送され、希望者には訪問設置サービスを提供する。なお、専用アプリをインストールしたタブレット(Xperia Z3 Tablet Compact)、「バリスタ i[アイ]」本体とも、サービス利用中のみ無料で使用できるレンタル式。最低利用期間はないが、返却時の送料は自己負担となる。

月額料金は税込500円で、コーヒーを飲んだ杯数を自動でカウントし、在庫がなくなる前に、156杯分に相当する専用カートリッジ「ネスカフェ ゴールドブレンドエコ&システムパック 105g」3本セットを税込2220円で届ける。支払いはクレジットカードのみ。コーヒーを飲む頻度が少ない場合は発注されないため、高齢者などの見守りサービスとしての利用も想定している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます