I・Oデータ、Windows 8対応のPC用テレビキャプチャユニット、PCI Expressモデルの「GV-MVP/XS3W」など3機種

2012.10.12 10:40配信

アイ・オー・データ機器は、Windows 8に対応したPC用テレビキャプチャユニット「GV-MVP/X3シリーズ」3機種を、10月下旬に発売する。税別価格は、PCI Expressモデルでダブルチューナーの「GV-MVP/XS3W」が1万8900円、PCI Expressモデルでシングルチューナーの「GV-MVP/XS3」が1万3600円、USB接続でシングルチューナーの「GV-MVP/XZ3」が1万3600円。

いずれも、地上/BS/110度CSデジタル放送の視聴と、最大15倍の長時間録画やDVDへのダビングに対応。ホームネットワークで、スマートフォンに番組を配信することもできる。

メニューからやりたいことを選んで、画面に従って操作するだけの簡単操作パネル「mAgicメニュー」を採用。使い方を案内する操作ガイドも用意している。

ハイビジョン録画で最大15倍録画を利用すれば、2TBのHDDに約2800時間、2時間の映画に換算すると1400本以上の録画ができる。また、指定した放送局の番組をすべて録画する「1局まるごと録画」機能を備える。古い番組は自動的に削除されるが、残しておきたい番組は「プロテクト」設定で残しておくことができる。

複数台の「GV-MVP/X3シリーズ」を1台のPCに同時接続すれば、最大8チャンネルの同時録画ができ、「1局まるごと録画」機能と組み合わせて主要テレビ局の放送すべてを録画できる。また、最大15倍録画を使用することで、8チャンネル分の1週間分の丸録りを、1TBのHDDに収めることができる。

対応OSは、Windows 8(32/64ビット)/7(32/64ビット)/Vista(32ビット)/XP(SP2以降)。サイズと重さは、「GV-MVP/XS3W」が幅105.0×高さ103.7mmで、約82g。「GV-MVP/XS3」が幅90.0×高さ68.9mmで、約54g。「GV-MVP/XZ3」が幅98.0×高さ26.0×奥行き92.0mmで、約110g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング