メル・ギブソンがイーストウッドの物まね? 主演作の本編映像を独占入手

2012.10.12 18:18配信
『キック・オーバー』(C)2011 ICON FILMS. INC.

メル・ギブソン主演の映画『キック・オーバー』が13日(土)より公開されるのを前に、ギブソンが劇中でクリント・イーストウッドの物まねをするシーンの映像を独占入手した。

『キック・オーバー』動画

『キック・オーバー』は、マフィアから大金を強奪した主人公のドライバー(ギブソン)が、金さえあれば何でも可能な史上最悪の刑務所“エル・プエブリート”から決死の脱獄を試みる姿を描いたノンストップ・アクション。

このほど公開された映像は、大金を盗み取った主人公のドライバーが、マフィアのフランクに再度接触しようと、ある作戦を実行するシーン。フランクに関係するある人物に電話し、相手を信用させるためにドライバーが電話口でクリント・イーストウッドになり切って「会いたい」と話すと、アポ取りが成功するという場面だ。話し方や声色をイーストウッドに似せ、臆することなく物まねする姿はさすが名優といった所。劇中ではカーチェイスや大掛かりなアクションシーンが多いなか、こういった笑える要素もあるようだ。本作は13日(土)より公開。

『キック・オーバー』
10月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング