吉田都氏からコメント到着! 名門・英国ロイヤル・バレエの最新作を映画館で上映

2012.10.11 15:55配信
吉田都氏 Takashi Kato

世界最高峰とも言われる英国ロイヤル・バレエ団の最新作8作品が24日(水)から全国の映画館で日本初上映される。これまで名ダンサーを輩出してきた英国ロイヤル・バレエ団の魅力はどこにあるのだろうか? 本バレエ団で “プリンシパル”として活躍していた吉田都氏からコメントが届いた。

その他の写真

英国ロイヤル・バレエ団を「古典バレエを始めとして、バレエ団オリジナルの大作、そして現代の振付家の作品や新作にも意欲的に取り組む、幅広いレパートリーを持つバレエ団」だと説明する吉田氏は、その魅力を「独特の品のあるロイヤルスタイルを保ちつつ、演劇的要素をたくさん取り入れたドラマティックな作品を得意としています。世界各国から入団し、活躍している個性豊かなダンサー達が魅力的。そして衣装や装置に至るまで細部にこだわり抜いた総合芸術を魅せてくれるバレエ団です」と分析する。

踊り手たち、芸術家たちが紡ぐ“舞台芸術”を楽しめるのが英国ロイヤル・バレエ団の魅力。それだけに吉田氏は、「作品にもよるが、演劇的バレエの場合はただただストーリーに入りこんで楽しんでほしい。視覚から入るものはより強烈な印象を残すと言われるが、セリフのないバレエは全身で踊りで表現する分、心の奥深くまで届く。また、ダンサー達は普通の人が出来ない動きでいとも優雅に踊るが、その奥には長年の過酷な訓練の積み重ねがあり、痛みを伴うからこその美しいライン、その優雅な踊りや動きだけを楽しむこともできます」と語る。

そんな英国ロイヤル・バレエ団の作品を大画面で堪能できる試みが始まる。「映画館の大画面では、舞台では観ることの出来ないダンサー達の細かい演技を見ることができる。劇場では遠くなってしまうが、映画ではダンサー達の息遣いまでが聞こえてきそうな距離での迫力満点の映像を見ることができる。もし出来れば衣装の細かいところまで見て欲しい。また、映画館の大スクリーンで観る衣装、装置の素晴らしさ、豪華さと共にオーケストラの奏でる音楽も堪能してほしい。音楽と一体となったダンサー達の踊りは何倍もの迫力で迫ってくる」と吉田氏。「私が長年在籍しプリンシパルとして踊ってきた英国ロイヤルバレエ団の魅力を余すところなく観て頂きたいと切望してやみません。世界のどこのバレエ団とも違うロイヤルバレエ団を大スクリーンで観劇すれば、また新しい発見もあるはず。気軽に映画館に足を運んで頂きたいと思います」。

『英国ロイヤル・バレエ団』シアター上映

10月24日(水) 『白鳥の湖』
11月14日(水) 『マノン』
12月14日(金) 『くるみ割り人形』
2013年1月23日(水) 『ジゼル』
2013年2月20日(水) 『ロミオとジュリエット』
2013年3月29日(金) 『不思議の国のアリス』
2013年4月10日(水) 『眠れる森の美女』
2013年5月22日(水) 『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』

いま人気の動画

     

人気記事ランキング