ソニー、他社製Android端末に対応する電子書籍アプリ「Reader for Android」、PS Vita向けアプリも提供

2012.10.12 18:39配信
「Reader for Android」の画面イメージ

ソニーは、10月11日、他社製Android端末向けの電子書籍アプリ「Reader for Android」と、PlayStation Vita(PS Vita)向けの「Reader for PlayStation Vita」の提供を開始した。料金は無料。

他社製のAndroid搭載スマートフォンやタブレット端末向けに、電子書籍アプリ「Reader for Android」を提供。ページめくりやコンテンツのグループソート、読んでいるページを対応機器間で同期する機能にも対応する。FacebookやTwitterで、友人と本の感想を手軽に共有することもできる。対応OSはAndroid 2.3以降。

PS Vita向けには、専用アプリ「Reader for PlayStation Vita」を提供。PS Vita版「Reader Store」で購入できる約3300(サービス開始時点)のコミックなどを楽しむことができる。タッチやボタン操作にも対応するなど、PS Vitaならではの直感的でスムーズな操作性をもち、紙の本をパラパラめくるような高速ページめくりや、縦横での表示切り替え、本棚の自由なカスタマイズなどができる。

「Reader for PlayStation Vita」の提供にあわせて、PS Vita版「Reader Store」では、角川グループのコンテンツ購入キャンペーンを実施。10月17日までにPS Vita版「Reader Store」から角川グループのコンテンツを購入すると、ソニーポイントの還元率が2倍になる。

電子書籍アプリのほか、ソニーは、「Reader Store」の決済手段を拡大したことを発表。クレジットカード、ソニーポイントに加え、新たにプリペイド式電子マネー「NET CASH」に対応した。

・「Reader for Android」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング