阿部寛と共演した村上ショージ、芸歴35年も「凝縮すると1年」

2012.10.15 12:34配信
(左から)村上ショージ、からすの恋吉、阿部寛

第144回直木賞を受賞した道尾秀介のベストセラー小説を実写映画化した『カラスの親指』のヒット祈願イベントが13日に東京・新橋の烏森(からすもり)神社で行われ、主演を務めた阿部寛と共演するお笑い芸人の村上ショージが出席した。異色といえる共演を果たしたふたりは、劇中で正義の詐欺師コンビ“タケ&テツ”を演じており「さすがおしゃべりのプロ。ショージさんが自分の穴埋めもしてくれた」(阿部)、「芸歴35年ですが(明石家)さんまさんに言わせれば“凝縮すると1年”。だから阿部さんとの共演は、一生の宝物」(村上)と手応え十分だった。

その他の写真

人生に敗れた中年の詐欺師コンビ・タケ(阿部)とテツ(村上)のもとに、ひょんなことから3人の若者が転がり込み、奇妙な共同生活がスタート。やがてワケありの人生に決着をつけるべく、一世一代の大勝負に出る姿をハートウォーミングに描く。同居人には石原さとみ、能年玲奈、小柳友というフレッシュな顔ぶれがそろった。

次々と主演作が公開され、刑事、ローマ人と幅広い役柄を演じている阿部は、今回の詐欺師役に「今まで見たことない自分が出ている」とアピール。村上が「撮影中こんなカッコいい人がいるのかと、セリフを忘れるくらい阿部さんの横顔や全身を見つめてしまった」と振り返ると、「本当にセリフを忘れていたのでは?」とツッコミを入れ、名コンビぶりを披露していた。

イベントが行われた烏森神社は、芸能の神様が祭られており、阿部と村上も神妙な面持ち。“一緒に写真を撮るとご利益がある”という親善キャラクターの“からすの恋吉”と記念撮影し、本作のヒットを祈願していた。

『カラスの親指』
11月23日(金)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング