ソフトバンク、米携帯電話のスプリント・ネクステルを買収、世界第3位のキャリアに

2012.10.16 15:35配信
がっちりと握手する孫正義社長とスプリント・ネクステルのダン・ヘッセCEO

ソフトバンク(孫正義社長)は、10月15日、緊急記者会見を開き、米国携帯電話キャリア3位のスプリント・ネクステル(ダン・ヘッセCEO)を買収することで同意したと発表した。スプリントの株式の70%を、約201億米ドル(約1兆5700億円)で取得する。

投資総額のうち121億米ドルはスプリント・ネクステルの株主に支払われ、80億米ドルはスプリントの財務体質の強化などに投じる。両社は、2013年半ばに取引を最終的に完了するとしている。

5600万人の契約者を抱えるスプリント・ネクステルは、AT&T、ベライゾン・ワイヤレスに次ぐ米国第3位の携帯電話キャリア。ソフトバンクの傘下に入ることで、ソフトバンクはソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイル、スプリントを合算した契約者数が約9600万人になり、6100万人のNTTドコモを大きく上回る。また、移動体売上高では2.5兆円となり、中国のチャイナモバイル(3.3兆円)、米ベライゾン・ワイヤレス(2.8兆円)に次ぐ世界第3位の携帯電話キャリアになる。

スプリント・ネクステルの買収資金は、メガバンクから総額1兆6500億円の借り入れでまかなう。「借入金の返済は可能か、投資は成功するのか」という質問に対し、ソフトバンクの孫正義社長は、「(2006年の)ボーダフォン買収の借入金は1.3兆円で、平成18年度で完済する予定だったが、前倒して11年度には完済している。当時と比べ、いまのソフトバンクは体力がついた」と説明した。

また、スプリント・ネクステルの業績回復については、「スプリントは2010年から自力でV字回復を果たしている。それにソフトバンクは日本テレコム、ボーダフォン、ウィルコムといういわば『赤字三兄弟』をV字回復させた実績をもっている。このノウハウをつぎ込んでいく」と、決意を表明した。

最後に孫社長は、NTTドコモ、KDDI(au)を累計契約者数で大きく引き離すことについて、「男子たるものいずれは1位を、と志し、いつかはドコモを抜くと思っていた。次は世界1位を目指す志はあるが、まずはスプリントと経営統合して、しっかりとやり遂げることに専念したい」とコメントした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング