キングジム、マウスでなぞるだけでスキャンできる「マウス型スキャナ」

2012.10.16 21:2配信

キングジムは、新聞や雑誌、資料など、対象物をなぞった通りにスキャンして、画像データとして取り込むスキャナ「マウス型スキャナ」(MSC10)を、11月2日に発売する。価格は1万1550円。

本体はマウス型で、マウスでなぞった部分をそのまま画像で表示するので、スキャンする範囲がわかりやすい。スキャンした画像は、トリミング、色相、彩度、輝度、コントラスト、角度、消しゴム機能を使って編集できる。また、スキャンした文字をテキスト形式で保存できるOCR(光学式文字認識)機能も備えている。

編集した画像は、PDF/JPEG/TIFF/BMP/PNG/XLS/DOC形式で保存でき、アプリケーションやメールに直接貼りつけることもできる。

通常時は、2ボタン1ホイールを搭載するUSB接続のマウスとして使用できる。マウスとしての解像度は1200dpi。スキャナとしては、スキャン解像度が最大400dpiで、最大A4サイズまでの読み取りに対応する。対応OSは、Windows 7。サイズは幅60×高さ37×奥行き115mmで、重さは約110g。ケーブル長は約1.5m。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング