ワークマン フィールドコア「フィールドサンダル」
フォトギャラリー【着用イメージあり】細かいデザインはこんな感じ!ワークマン FieldCore「フィールドサンダル」
  • 【ワークマン フィールドコア/フィールドサンダル】値段はリーズナブルな1,900円!
  • 【ワークマン フィールドコア/フィールドサンダル】カラーバリエーションはブラックとブラウン。ブラックは男性でも女性でも履きやすいデザイン
  • 【ワークマン フィールドコア/フィールドサンダル】靴底もしっかりしている
  • 【ワークマン フィールドコア/フィールドサンダル】「FieldCore」のロゴもかわいい
  • 【ワークマン フィールドコア/フィールドサンダル】サイズはM(24.5~25cm)~3L(27.5~28cm)の展開。Sサイズがあればもっと嬉しいな

ここ数年、人気が上昇している「ワークマン」。その公式サイトで見かけてからずっと販売を心待ちにしていたのが「フィールドサンダル」です。

ワークマン女子の筆者は「アウトドア以外にも普段使いできそうだな」と大注目でした。

今回は、そのサンダルを実際に履いてみて、デザイン、品質、履きやすさなどを徹底レビューします。

ワークマンの「水陸両用フィールドサンダル」着用レビュー!

ワークマン フィールドコア「フィールドサンダル」値段は1,900円!値段は1,900円!

フィールドサンダルとは、いわゆる「アウトドアサンダル」のこと。

主にアウトドア時に履くサンダルとして、多くのアウトドアメーカーからおしゃれな商品が販売されています。

今回ついに、そんなフィールドサンダルがワークマンから発売!

しかも筆者お気に入りの、ワークマンの中でもおしゃれなデザインが多いブランド「フィールドコア (FieldCore)」の商品ということで、テンションも上がります。

デザイン・サイズ

デザイン

ワークマン フィールドコア「フィールドサンダル」ロゴもかわいい ロゴもかわいい

筆者がフィールドコアを気に入っている理由は、そのデザインにあります。

ワークマンの商品は安くて高機能だけど、デザインが…と躊躇している方は、一度このフィールドコアのラインナップを見てみてください。

低価格なのに、一見大手アウトドアメーカーのものかと勘違いするくらい、ロゴを入れる場所や色使いのセンスがおしゃれなんです。

筆者も気づけば家中にフィールドコアのアイテムが集まっていました。

特にバカ売れ中のスリッポンや冬の防寒ブーツほか、フィールドコアのシューズのラインナップはどのシーズンも魅力的なものが揃っています。

ワークマン フィールドコア「フィールドサンダル」野外活動に最適野外活動に最適

今回のフィールドサンダルも、つま先に「FieldCore」とロゴがありますが、大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいワンポイントになっています。

履いてみると、一見スニーカーのような印象も。

ストラップは反射材つきで、ここはワークマンらしさが出ているなと思いました。

そして、フィールドサンダルの大きな特徴は、つま先が保護されていること。

暑い時期になると蒸れるのが嫌で素足にサンダルで出歩きたいけど、ちょっとラフすぎるし、アウトドアのときはケガや虫刺されが心配な人も多いでしょう。

こちらのフィールドサンダルはちょうどサンダルと靴の中間のようなデザインなので、裸足でも履けるのに蒸れにくく、つま先も保護してくれて安全です。

さらに、かかとやベルトもあってずれにくいので、長時間歩いても脱げにくく疲れにくいのもうれしいです。

かかと部分はゴムでしっかり伸び、着脱が簡単です。

カラーバリエーションはブラックとブラウンがあります。ブラックは男性でも女性でも履きやすいデザイン。

ブラウンはやわらかな印象で女性におすすめです。肌になじみ、明るい色なので、白っぽい服装に合いそうですよ。

サイズ

ワークマン フィールドコア「フィールドサンダル」Sサイズがあればもっと嬉しいなSサイズがあればもっと嬉しいな

サイズはM(24.5~25cm)~3L(27.5~28cm)の展開です。

普段24cmを履く筆者はMを購入しましたが、少し大きめでした。

ベルトで締めれば問題なく履けますが、今後Sサイズが出てくれることを期待します。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます