実物の絵画100点をNFT(非代替トークンnon-fungible token)化し、その後爆破焼却しその様子を発信、オークションを開催する、「燃えるアート展」を開催

クリプトアートジャパンは、 新たなデジタルアートの在り方を模索するべく、 絵画100点をスキャンし、 スキャンデータをNFT化した後、 爆破焼却する、 「燃えるアート展」を開催し、Openseaプラットフォーム上にて、 100点のNFTアートのオークションを開始したことをお知らせいたします。 【爆破映像あり】






オークション実施中のOpenSeaページ
https://opensea.io/CryptoArtJapan

オークション開催概要
2021年7月14日まで上記のOpenSeaアカウントにて、オークションが開催されます。燃えるアート展で発行されたNFTはイーサリアムブロックチェーン上で構築されており、オークション参加にはイーサリアムが必要です。


燃えるアート展開催の背景

クリプトアートジャパンはアーティストの表現機会の増加や日本のアート産業活性化、 アートの新しい販売機会確立のため、 世界的に注目を集めるNFTを利用したアートプロジェクト開始を決定致しました。 NFTアートはデジタルアートの一種であり、 実物の絵画をスキャンすることで作成したNFTアートは、 実物アートを焼却することで、 本当の意味でデジタル固有のアートとなります。

私たちクリプトアートジャパンは実物アートを爆破焼却するという大イベントを通し、 デジタルアートという新しいアートの在り方を、 思考する機会を提案致します。

本プロジェクトは、多量の火薬と燃料で文字通り、作品を爆破焼却するプロジェクトですが、爆破前に事前にスキャンしNFT化するため、作品はデジタルアートとして確実に残るものとなります。

本プロジェクトでは世界最大のNFT取引所であるOpenseaプラットフォーム上にて本NFTアート100作品のオークションをするものと致しました。


NFT解説



NFTとは、 唯一無二の「世界に1つだけのデータ」の価値を生み出せる代替不可能なトークンです。 2018年頃に登場し、 ブロックチェーン技術を活用する事でコピーできないデジタルデータを作成することができ、 データの所有者は自由に二次流通を行うことがでます。

現在、 主にブロックチェーンゲームや、 クリプトアートにNFTが活用されていますが、 今後、 様々なアセットがデジタル化していく中で、 よりNFTが活用されていくことが予想されます。

特にNFTアート分野は、 2021年初頭より数10億円でのNFTの販売が海外で話題となっており、 現在世界的に注目されている分野です。

本NFT説明文は、 CryptoGames社 CEOの小澤孝太様の許可を受け転載致しました。


主催者
田代 正義 株式会社無限の始まり代表 早稲田大学基幹理工学部生

小谷 祐介 東京大学教養学部前期課程文科二類

開催技術支援
小澤 孝太 CryptoGames CEO
デジタルアート支援

版画工房アーティー
HP https://artie.co.jp/

開催後援
クリプトアートイタリア(イタリア最大のクリプトアート団体)
HP https://www.cryptoartitalia.com

日本アートビジネス協会
HP https://www.japan-arts.biz

株式会社無限の始まり(本社:東京都八王子市、 代表取締役社長:田代 正義)


クリプトアートジャパン
設立2021年3月
URL: https://www.cryptoartjapan.com/
Email:tokyocryptoart@gmail.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます