漫画「もしも東京」展

延期となっていた「漫画『もしも東京』展」が8月4日(水)から9月5日(日)まで、東京都現代美術館で開催されることが決定した。

この度、新たなティザービジュアル、およびリニューアルした公式WEBサイトが公開され、事前予約チケットの受付も開始となった。

フォトギャラリー「漫画『もしも東京』展」関連写真をもっと見る
  • 『東京の青猫』より ©松本大洋
  • 『East East』より ©大童澄瞳
  • 漫画「もしも東京」展
  • 『Tokyo Sound』より ©石塚真一
  • 『TP』より ©浅野いにお

作品を巡るように鑑賞する“新しいカタチ”の漫画展

本展覧会は、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催するTokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13のひとつとして、東京都現代美術館にて2020年夏に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止の観点から延期となっていた。

「漫画『もしも東京』展」は『ピンポン』『Sunny』の松本大洋、『ソラニン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の浅野いにお、『岳 -みんなの山-』『BLUE GIANT』の石塚真一をはじめ、日本を代表する20名の漫画家たちが“東京”をテーマに描き下ろした20の作品を展示するアートプロジェクト。

漫画家が制作した20点の「もしも東京」作品は、“読む東京、歩く漫画”をコンセプトに、東京都現代美術館の地下2階講堂や、中庭等、館内のパブリックスペースも含め展示される。

点在する展示作品を巡るように鑑賞頂く、新しいカタチの漫画展だ。

18の小部屋ひとつひとつが漫画家の描いた「もしも東京」の世界になっている地下2階講堂、壁面が石塚真一の巨大な1コマ漫画作品『Tokyo Sound』となっている中庭、水の敷かれた屋外スペースに大童澄瞳の『East East』が展示される水と石のプロムナードなど見どころ満載となっている。

『TP』より ©浅野いにお
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます